JAF Mate Neo ニュース・プラス

2018/04/04

JNCAP2017予防安全・最新
「ヴェゼル」、「クロスビー」、「スペーシア」を追加した全14車種でのランキングは!?

 ユーザーにはより安全なクルマの購入を、そしてメーカーにはより安全なクルマの開発を促すため、国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)が毎年2回に分けて発表している、クルマの予防安全性能並びに衝突安全性能の評価試験結果「JNCAP」。

 この3月下旬に、スズキのコンパクト・クロスオーバーワゴン「クロスビー」と軽ワゴン「スペーシア」、そしてホンダのクロスオーバーSUV「ヴェゼル」の3車種の予防安全評価結果が追加公表された。

 2017年のJNCAPはまず2017年10月に前期として9車種が発表され、その後、2018年2月に2車種が追加発表。そして今回3車種が追加され、2017年の同一方式の評価試験を受けた車種は合計14車種となった。

 JNCAPの評価結果は得点方式で発表されることから、当サイトではそれをランキング化して紹介している。今回は3車種を追加した全14車種による、2017年の最新予防安全ランキングをお届けする。

 ただし、今回は上位に変動はなかったことから、1~9位は簡単に紹介させていただく(詳しい記事はこちら)。また、2017年の予防安全の試験内容については、前期発表時のこちらをご覧いただきたい。

1~9位のランキング

 ランキングの見方は、79点満点で、カッコ内は100点満点に換算した点数。「++」はASV(先進安全自動車)としての評価を表し、2つが最高だ。

1位:ノート(日産) 79.0点(100.0点)++
2位:CX-5(マツダ) 78.5点(99.4点)++
3位:シビック(ホンダ) 78.4点(99.2点)++
4位:N-BOX(ホンダ) 76.6点(97.0点)++
5位:レヴォーグ/WRX(スバル) 76.5点(96.8点)++

6位:C-HR(トヨタ) 74.4点(94.2点)++
7位:フィット(ホンダ) 65.5点(82.9点)++
8位:ステップ ワゴン(ホンダ) 64.6点(81.8点)++
9位:アウトランダーPHEV/アウトランダー(三菱) 63.2点(80.0点)++

→ 次ページ:
変動のあった10位以下を発表!

メルマガ登録はこちら