JAF Mate Neo ニュース・プラス

2018/02/20

【ジャパンキャンピングカーショー18】
大人気の軽キャンパー、
その中身に迫ってみた!【後編】

 2月2日から4日まで幕張メッセで開催された「ジャパンキャンピングカーショー2018」。同展示会は日本最大のキャンピングカーショーであり、全国のビルダーが集結して約360台ものキャンピングカーが展示された。

 軽自動車ベースの「軽キャンパー」を紹介する後編は、ダイハツの軽ワンボックス「ハイゼットカーゴ」と、軽トラック「ハイゼットトラック」をベースにしたキャンピングカーを紹介しよう。

「テントむし」シリーズの最新作は4人用「Fタイプ」!

 バンショップミカミが「ハイゼットトラック」およびスズキの軽トラック「キャリイ」をベースに開発した軽キャンパーが、「テントむし」シリーズだ。

 今回は、4人用として車内空間を広く取った最新モデルの「Fタイプ」が展示された。ベッドとして展開できたり真後ろに向けられたりできる伊FASP社製マルチモードシート(通称FASPシート)をセカンドシートに採用。なお同車は車体の大型化などにより、登録は8ナンバーとなる。

np180215-01-01.jpg

「テントむし Fタイプ」。ポップアップルーフを備えており、乗車も就寝も定員は4名。そのほか給排水タンク(10L/12L)とシンク、冷蔵庫(18L)、カセットコンロ式調理器具、オートチャージャー、外部電源などを標準装備。オプションでサイドオーニングや発電機も設定。展示車両の価格は、364万4000円(税別)。

np180215-01-02.jpg

車内の様子。2列目のFASPシートを後ろ向きにしてテーブルを設置することで4人が対座できるダイニングスペース(ダイネット)とすることが可能。軽キャンパーながら居住性に優れた1台となっている。

→ 次ページ:
軽だけど大型並みの居住性を求めた1台!

メルマガ登録はこちら