JAF Mate Neo ニュース・プラス

2018/02/06

【ジャパンキャンピングカーショー18】
日産「グランピングカー」市販化へ。
まずはメーカー系から徹底紹介!

モデリスタは「ハイエース」ベース2モデル+「ノア」ベースを出展

 トヨタの特装車やカスタマイズカーなどを手がけるモデリスタ。まずひとつは、東京オートサロン2018で披露されたワンボックス「ハイエース」をベースにした「ハイエース "リラクベース"」の「Type II」。それに加え、特別仕様車「ハイエース スーパーGL "ダーク プライム"」の進化版「MRT(マルチ・ロール・トランスポーター)」の「Type II」、ミニバン「ノア」にエアロキットを装着し内部はベッドキットを備えるなどしてアウトドア向けに仕立てた1台が展示された。

np180205-01-10.jpg

「ハイエース "リラクベース"」。「ハイエース」50周年を記念してモデリスタが開発したアウトドア志向のコンプリートカーで、17年11月に発売を開始した。ロアグリルガーニッシュやホワイトカラードバンパー、フォグランプカバー、ホワイトリボンタイヤ風に見えるアルミホイールに加え、ボンネットやピラーがブラックアウト処理されているなど、レトロファッションな雰囲気をまとった1台。

np180205-01-11.jpg

「ハイエース "リラクベース"」の車内。ベッドキットが装着されており、展開した状態。たたんでシングルベッドにしてテーブルのように使ったり、すべてたたんで荷室を広く使ったりできるなど、用途に合わせてレイアウトを変更できる。

np180205-01-14.jpg

モデリスタの「ハイエース」ベースの特別仕様車「スーパーGL "ダークプライム" MRT Type II」。外観にスタイリッシュさを求めたモデリスタのコンプリートカー「ダークプライム」のラゲージスペースのユーティリティーさを求めたのが「MRT」シリーズだ。フロア仕様の「Type I」と、フロア+トリム仕様で車中泊もしやすいベッドキットをオプションで追加できるのが画像の「Type II」。

np180205-01-15.jpg

「ハイエース スーパーGL "ダークプライム" MRT Type II」の車内。手前にある半分たたまれた装備が、ベッドキット。このキットを展開して、さらに2列目シートも倒すとベッドが完成する。

np180205-01-12.jpg

「ノア」にモデリスタのオリジナルエアロキットを追加。フロントディフューザー(アンダースポイラー)やリアスポイラーなどが加えられている。

np180205-01-13.jpg

ベッドキットを装着しており、車中泊も可能となっている。

→ 次ページ:
三菱はディーラーが出展!

メルマガ登録はこちら