JAF Mate Neo ニュース・プラス

2018/02/06

【ジャパンキャンピングカーショー18】
日産「グランピングカー」市販化へ。
まずはメーカー系から徹底紹介!

 2月2日から4日まで幕張メッセで開催された「ジャパンキャンピングカーショー2018」。キャンピングカーの展示会としては日本最大を誇り、展示台数は約360台を数えた。

 近年、自動車メーカーの出展も増えており、今回はメーカー本体としては日産、メルセデス・ベンツが出展。

 さらに、トヨタの子会社で特装車および架装を手がけるモデリスタも出展したり、ホンダの子会社で純正パーツやコンプリートカーを手がけるホンダアクセスがキャンピングカービルダーのホワイトハウスとコラボレーションして開発した車両を展示。そのほか、三菱のディーラーである西尾張三菱自動車も出展した。

「NV350キャラバン グランピングカー」18年中に発売決定!

np180205-01-01.jpg

日産「NV350キャラバン リチウムイオンバッテリー搭載グランピングカー」。ベースのグレードは「DX(ワイド幅/ハイルーフ)」。リチウムイオンバッテリーは昨年の発表時は12kWhだったが、8kWhにして軽量化。出力も3系統から2系統にすると同時に、家電の使用中にも充電できるようにした。18年中に、キャンピングカービルダー向けに市販化を予定している。

 昨年の同展示会で参考出品された、日産「NV350キャラバン リチウムイオンバッテリー搭載グランピングカー」(NV350グランピングカー)。軽量化やバッテリーシステムの配置などを行い、18年中にキャンピングカービルダー向けに発売されることが発表された。次ページでは、その1台として発表された、日産プリンス東京販売直営のキャンピングカーショップ「日産ピーズフィールドクラフト」による、「NV350グランピングカー」ベースの「NV350キャラバン LIB」も掲載した。

 最大の特徴は、EV「リーフ」などで磨いてきた技術をベースにした、新開発のリチウムイオンバッテリーシステムを搭載していること。8kWhのバッテリーにより、エアコンや電子レンジ、冷蔵庫、IH調理器、TV、LEDライトなど、多彩な家電を使用可能だ。自宅のような快適さを提供できるということで、従来のキャンピングカーよりもワンランク上ということで、"グラマラスなキャンピングカー"を意味する「グランピングカー」と命名されている。バッテリーシステムのスペックは以下の通りだ。

【バッテリーシステムスペック】
総電力量:8kWh
出力:100V・1500W・2系統
充電:単層/交流/100V/50-60Hz
充電時間:6時間

np180205-01-02.jpg

展示車両では、後部スライドドアを開けると、バッテリーシステムが設置されていた。次ページの日産ピーズフィールドクラフトが発売を予定している「NV350グランピングカー」ベースの「NV350 キャラバン LIB」は、後部スペースが同じレイアウトになっており、ソファの下にバッテリーシステムが収まるようになっている。

→ 次ページ:
「NV350グランピングカー」ベースの1台!

メルマガ登録はこちら