JAF Mate Neo ニュース・プラス

2018/02/04

【東京オートサロン18】
早くも2代目「NSX」や
レクサス「LC500」が!

 1月12日から14日まで幕張メッセで開催された、カスタムカー・チューニングカーの祭典・東京オートサロン2018。

 「まさか、このスーパーカーをカスタマイズするのか!」という、衝撃を受けるのも同展示会の楽しみのひとつ。現在、国内のスーパーカー・高級スポーツカーといえば、ホンダの2代目「NSX」(17年2月27日発売開始)と、レクサスの高級ラグジュアリー・クーペ「LC500」(17年4月13日発売開始)が新しい。今回はこの2車種のカスタマイズカー・チューニングカーを取り上げる。

 この2車種は生産台数が大きく異なり、「NSX」は年産100台という少数生産の上に生産拠点が米国なので逆輸入。出展がなくてもおかしくないが、早くもカスタマイズカーが出展されていた。まずは、「NSX」からお届けしよう。 

 ノーマルの「NSX」を見たいという人は、こちらから(新しいタブが開きます)。

リバティー・ウォークが2台の「NSX」を展示

np180201-01-01.jpg

「LB-WORKS HONDA NSX ver.1 complete body kit」。「LB-WORKS」は、同社のコンプリートカー・ブランドだ。フロントもリアもリベットで固定したオーバーフェンダーが取り付けられるのが特徴。

 カスタマイズショップとして世界的な人気を誇るリバティー・ウォーク。今年も同社ブースには、カスタマイズされた国内外の新旧スーパーカーが何台も展示され、その内の2台が2代目「NSX」だった。

 ちなみに同社ではカスタマイズではなく、昭和テイストの「改造」だという。リベット打ちのオーバーフェンダーが大きな特徴で、その独特のセンスの「改造」をランボルギーニやフェラーリなどのスーパーカーにも行っていることから、世界的にも評価されているのである。

 展示されたのは、そのオーバーフェンダーを含めたフルボディキットシリーズの「LB-WORKS HONDA NSX ver.1 complete body kit」が1台。もう1台は、オーバーフェンダーはなしで、ベース車のイメージを活かしたライトキットシリーズの「LB★PERFORMANCE HONDA NSX ver.1 complete body kit」を装着したものだ。

np180201-01-02.jpg

「LB★PERFORMANCE HONDA NSX ver.1 complete body kit」を装着した「NSX」。上の「LB-WORKS」との違いは、オーバーフェンダーの有無。2台とも、フロント、サイド、リアのディフューザー(車体下端の前方や側方に突き出した黒いパーツ)と、リアウィング(ver.1)が装着される。また、エアサスペンションに交換されている。

→ 次ページ:
続いてはエイムゲインの「NSX」!

メルマガ登録はこちら