JAF Mate Neo ニュース・プラス

2018/02/02

地震などの自然災害を、
ビッグデータで統合解析!
EPRCの情報サービス【後編】

np180122-01-01c.png

EPRCが毎週発行している「地震予兆解析レポート」。通常と異なる地殻変動がある場合は、緊急レポートが発行される。画像は17年11月27日のもので、東北でから北関東、中部での様子をレポートしたページ。微小地震の震源位置や、地殻変動の内、移動した距離が大きなものなどが記されている。詳しくは、前編をご覧いただきたい(新しいタブが開きます)。

 多種多様なビッグデータを統合してAIで解析することで、地震や土砂災害など、自然災害の発生予測の研究を行っている一般社団法人自然災害研究センター(EPRC:Earth Prediction Research Center)。

 前編では、衛星測位システム(GPS衛星)を用いて、国土地理院が全国1350地点に設置した電子基準点の移動を計測して地殻変動を把握。その変動量に対して、その後にどの程度の期間内にどのような規模の地震が発生したのか、もしくはまったく発生しなかったのかなど、過去のデータと照らし合わせることで、今後の地震発生の可能性を解析する手法を紹介した。また、上の画像のような内容が届く、EPRCが週1回発行している「地震予兆解析レポート」などについてもお伝えした。

 電子基準点を用いて地殻変動を観測する方法は、人間の感覚ではとらえることが不可能な年間数cmという大地そのもののわずかな移動も把握できるのだが、弱点も存在する。

 ●小規模・遠海・震源の深い地震は、地表の電子基準点に表れない
 ●20年間分の計測データに存在しない地震はマッチングできない(地殻変動のパターンが過去にない場合は、どのような地震につながるかわからない)
 ●電子基準点データだけだと、都市部においてはデータが不足している
 ●断層型地震は1~2日前に動き出すため、電子基準点のデータだけでは補足が難しい

 こうした弱点を補うため、EPRCではさらに多くのデータを活用している。後編では、そうしたデータも含めて、EPRCの解析手法について掘り下げてみる。

→ 次ページ:
EPRCでは多様な12種類のデータを活用!

メルマガ登録はこちら