JAF Mate Neo ニュース・プラス

2018/01/31

全国の高速と国道で合計76万件!!
国交省、道路への落下物事故を
なくすための啓発活動を実施

np180126-02-02.jpg

落下物防止キャンペーンで、スタッフが配布物を手渡してドライバーに直接呼びかけた。足立トラックターミナルの正面ゲートにて撮影。

 道路上の落下物件数が1年間にどのぐらいあるかご存じだろうか? たとえば、国土交通省が管理する全国の高速道路と国道における件数は、なんと約76万件(2016年)。後続車の事故を誘発しており、2017年10月には岡山県津山市の中国自動車道で、母娘が亡くなるという重大事故も発生している。

 積み荷はドライバーに責任がある。落下しないようしっかりと固定したり、砂利などではシートで覆ったりするなど、落下を防ぐ最大限の努力をしないといけない。万が一落下物によってほかのクルマや人に損害を与えた場合は、落とし主であるドライバーに損害賠償責任が生じるのである。

 年々、落下物は増加傾向にあり、事故を少しでも減らすべく、国土交通省関東地方整備局東京国道事務所は、1月25日、トラックドライバーへの落下物防止の啓発活動を実施した。トラックが数多く集まることから、東京都足立区入谷の、23区内有数の大型公園である舎人公園に隣接する足立トラックターミナルで行われた。

→ 次ページ:
配布内容物について!

メルマガ登録はこちら