JAF Mate Neo ニュース・プラス

2018/01/24

【東京オートサロン18】
デートカーからスポーツカーまで。
ホンダ&無限&ホンダアクセス

 1月12日から14日まで幕張メッセで開催された、カスタムカー・チューニングカーの祭典・東京オートサロン2018。まずは自動車メーカーが出展したコンセプトカーやカスタマイズカー、チューニングカーを紹介しよう。次はホンダ系ということで、ホンダ、M-TEC(「無限」ブランドで出展)、ホンダアクセスを紹介する。

 ホンダと、ホンダ車のチューニングやカスタマイズを手がけ、モータースポーツ活動も行う無限は地続きでブースを出展。無限が手がけたカスタマイズカーのコンセプトモデルが出展され、「シビック」、中でも走りを追求したグレードの「シビック タイプR」のコンセプトカーは熱い視線を浴びていた。まずは、それら「シビック」からお見せしよう。

より迫力を増した無限による「シビック」!

np180120-01-02b.jpg

無限が出展した、「シビック」系の1台。走りを追求した「タイプR」の走行性能を極限まで高めることを目的に、空力、パワートレイン、冷却性能の向上を図った「MUGEN RC20GT シビック タイプR コンセプト」。外装は、ボンネット、フロントグリル、フロントのバンパー&リップスポイラー&カナード、サイドスポイラー、リアのバンパー&ウィング、ドアミラーといったエアロ系がすべてカーボン製。ブレーキやエキゾーストなども交換済み。

np180120-01-01b.jpg

「タイプR」ではないが、無限が出展したもう1台の「シビック」が、この「ハッチバック プロトタイプ」。エアロ系、エンジン周り、ブレーキなどに手が入れられている。各種パーツは開発が進んでおり、先行してフロントアンダー、サイド、リアアンダーの3点のスポイラーをセットにした「スタイリングセット」や、そのほかフロントのエアロパーツなどが3月下旬に発売される予定。また、エキゾーストシステムなどは開発中だ。

np180120-01-12b.jpg

参考までにこちらがノーマルの「シビック タイプR」。ノーマルでもフロント周りのデザインが攻撃的で非常に迫力がある。なお、ホンダのオーナメントが赤いのは、ホンダ党やスポーツカー好きならご存じの「タイプR」の証だ。ちなみに最終ページには、ホンダブース4台目の「シビック タイプR」も掲載した。レース用の「シビック タイプR TCR」だ。

→ 次ページ:
次はホンダ純正完成車ブランド「モデューロX」のコンセプトカー!

メルマガ登録はこちら