JAF Mate Neo ニュース・プラス

2018/01/24

【東京オートサロン18】
2代目「リーフ」も登場!
日産&NISMO&オーテック

 1月12日から14日まで幕張メッセで開催された、カスタムカー・チューニングカーの祭典・東京オートサロン2018。まずは自動車メーカーが出展したコンセプトカーやカスタマイズカー、チューニングカーを紹介しよう。続いては日産ブースを紹介しよう。

 同ブースでは、例年通りに、日産と、同社のモータースポーツ部門でスポーツ&ハイパフォーマンス・チューニング/カスタマイズで知られるNISMO(ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル)と、日産のスポーツブランドのカスタマイズや架装を手がけるオーテックがコンセプトカーを出展した。

まずはスポーツ系のコンセプトカーから!

np180118-02-02b.jpg

「リーフ NISMO コンセプト」は、EVの環境性能はそのままに、NISMOらしいスポーティな走りを求めた1台。モータースポーツ仕込みの技術で開発された、空気抵抗係数(Cd値)を悪化させることなくリフトフォースの量だけを減少させる専用エクステリアを装備。チューニングされた専用サスペンションや高性能タイヤに加え、どの速度域からでも瞬発力の高い加速フィールを提供するよう設定された専用コンピュータなども搭載している。

np180118-02-06.jpg

「フェアレディZ ヘリテージ エディション」。「フェアレディZ」は70年代に初代S30型が初めて輸出された当時から北米での人気が高い。展示車両は17年に米国で発売されたモデルをベースとした参考出品の1台。ミラーやボンネット、ルーフなどにブラックのグラフィックを施し、ステアリングなどの内装にはボディカラーと同じイエローのアクセントが入っている。

np180118-02-01b.jpg

18年式「GT-R NISMO」。同車は、「GT-R」に専用エアロパーツを装着し、NISMOによるサスペンションとエンジンのチューニングが施されるなど、そのままレースに出られるようなスペシャルグレードだ。ちなみに17年式から18年式はソフトウェア的な機能向上などが中心で、15年式から17年式になったときのような大きな外見的な変化はないという。

→ 次ページ:
日産の"グランド ツーリング コンセプト"を体現した3台!

メルマガ登録はこちら