ニュース・プラス 【交通事故統計】
グラフに表れる驚きと納得!
1948年から2017年までの推移

2018年01月16日 掲載

交通事故死者数の推移

 自動車の安全設計が進展すると共に、搭乗者の死者数が減っていき、近年は歩行者保護にも力を入れた開発が行われていることから、交通事故の発生件数や負傷者数とは異なるグラフとなっているのが、死者数の推移だ。第一次交通戦争と呼ばれた70年前後がピークで、70年は1万6765人を記録した。

 1万人を初めて超えたのは59年の時で、その年は1万79人。その後、75年の1万792人まで17年連続で1万人超えとなった。その後、下降するが再び増加し、88年から95年までの8年間も1万人を超えてしまう。

 しかし、その後は毎年数百人ずつではあるが着実に減少を続け、2017年は3694人に。今のペースを守れれば、2020年代初頭には3000人切りを達成できる可能性も見えてはきた。

 しかし第10次交通安全基本計画では、死者数の目標を2500人以下としている。この目標を達成するにはあと3年で1200人近く減らす必要があり、死傷者数の目標の50万人以下と比べて、達成が厳しい状況となっている。

 死者数を大きく減らせない理由とされているのが、(1)高齢者人口の増加、(2)シートベルト着用率などの頭打ち、(3)飲酒運転による交通事故件数の下げ止まりなどが挙げられている。中でも高齢者の死者数は全体の半数以上を占めるため、その対策が求められている。

np180115-01-03.png

統計を開始した1948年以降、これまで最少事故死者数の記録だった年は3790人の1949年だったが、2017年は記録を更新し、3694人となった。17年は、70年に対して22%となっている。

→ 次ページ:
最後は人口10万人当たりの交通事故死者数の推移