JAF Mate Neo ニュース・プラス

2018/01/16

【交通事故統計】
グラフに表れる驚きと納得!
1948年から2017年までの推移

 交通事故死者数は2017年も前年より減り、2年連続で4000人を下回ったのはお伝えしたとおり(記事はこちら。新しいタブが開きます)。現在、交通事故に関する統計は警察庁と公益財団法人 交通事故分析センター(ITARDA)によって行われているが、統計自体は戦後間もなくの1948年まで遡ることが可能だ。

 そこで、1948年から2017年までの国内の発生件数、負傷者数、死者数、10万人当たりの死者数の推移について紹介する。国内の交通事故が日本のモータリゼーションの進展と共にどのように増加し、そして近年のASV(先進安全自動車)の普及や医療技術の発達、道交法の罰則強化、交通安全指導の強化などによってどのように減ってきているのか、約70年におよぶ交通事故統計を見てみよう。

交通事故発生件数の推移

 交通事故は自動車の保有台数の増加と共に確実に増加し、1970年に71万80件で一度はピークを迎える。しかし、その直後にオイルショックなどの影響で若干減少。しかし間もなくして上昇を再開し、世紀の変わり目の辺りがピークはとなった。最多は2004年で、95万2720件を記録した。

 ギリギリのところで100万件への到達は回避でき、その後、発生件数は着実に減少。17年は47万2069件となり、04年と比較して50%を切るまでに至った。

np180115-01-01.png

今後、完全自動運転が実用化され、それが普及していけば、さらに交通事故は減少していくものと思われる。※グラフ中では西暦の表記が2016年までとなっていますが、データとしては2017年まで含んでいます。また、次ページ以降のグラフも同様です。

→ 次ページ:
続いて、交通事故負傷者数の推移

メルマガ登録はこちら