JAF Mate Neo ニュース・プラス

2018/01/05

長く運転を続けたいなら、
これだけは読んでおきたい一冊。
「運転を続けるための認知症予防」

np171219-02-01.jpg

2017年改正の道路交通法に対応した「運転を続けるための認知症予防」。JAFサービス通販紀行、全国書店、Amazonなどで絶賛発売中!

 近年、高齢ドライバーの交通事故が問題となっている。しかし、生活するのにクルマが必要不可欠で、免許を返上できないという高齢者も多い。

 高齢ドライバーが事故を起こしてしまうのは、認知・判断・操作という運転に必要な3要素が、加齢に応じて衰えてくるからだ。その中でも、危険を発見する能力である「認知」に大きな影響を与えるのが、認知症であるといわれている。

 高齢ドライバーがいつまでも安全に運転をするためには、認知症にならないように予防すること、もしくは認知症が重度にならないようにすることが有効な手段のひとつである。

認知症の予防にオススメの1冊!

 そこでオススメしたい1冊が、「運転を続けるための認知症予防」(JAFメディアワークス刊)だ。高齢ドライバー向け認知症予防の研究で第一人者として知られる浦上克哉氏(鳥取大学医学部教授/日本認知症予防学会理事長)が解説し、NPO法人高齢者安全運転支援研究会の協力も得て作られた書籍である。

 誌面は2色刷りでイラストもふんだんに使用。判型はA4版で、文字も大きくて読みやすい内容となっている。

np171219-02-03.jpg

内容の一部を紹介。認知機能の低下が気になる人のために、安全運転を続けるコツを掲載している。

→ 次ページ:
認知症の診断は「浦上式チェック」で!

メルマガ登録はこちら