ニュース・プラス 【オートカラーアウォード2017】
記念すべき第20回、
最もカラーが評価された1台は!?

2017年12月25日 掲載

MTシリーズならではの世界観を強調するためのデザイン

np171219-01-23.jpg

グランプリ受賞を喜ぶヤマハスタッフ。2016年の2位獲得を超え、グランプリを獲得した。MTシリーズのカラーデザインを担当したのは、左から4人目の安田将啓氏と同5人目の片平憲男氏。

 MTシリーズのコンセプトは、"自由に楽しむ、自在に操る"。そのユニークな世界観を強調するため、クールでインパクトの強いカラーデザインに仕上げたという。

 ボディのソリッドグレーは"チープに見えてしまう可能性がある"というリスクの高い色なのだそうだが、突き抜けたインパクトを実現するため、塗装による装飾的要素を排除したシリアスさを表現する色として開発したのだそうである。

 そこに、アクセントカラーとしてホイールにアシッドイエローを塗装することで、その2色によってMTシリーズの"機能性"と"ファッション性"の両立を目指したそうだ。

2017年12月26日(JAFメディアワークス IT Media部 日高 保)