JAF Mate Neo ニュース・プラス

2017/12/25

【オートカラーアウォード2017】
記念すべき第20回、
最もカラーが評価された1台は!?

np171219-01-00.jpg

年1回、その年の最も美しいカラーデザインのクルマを決定する「オートカラーアウォード」。今年で記念すべき20回を迎えた。

 一般社団法人日本流行色協会(JAFCA)が主催する、"その年で最も優れた車両のカラーデザインを顕彰する制度"である「オートカラーアウォード(ACA)」。2017年で20回目の開催を迎え、12月16日にグランプリが発表された。

 「最も優れた車両のカラーデザイン」とは、単に"ボディカラーが美しい"という点だけを評価するわけではない。ACAは、車両のカラーデザインの企画力や、形との調和を含む、内外装すべてのカラーデザインの美しさを評価するものである。より具体的な審査基準は、以下の通りだ。

●市場に影響を与えたか
●車両のカラーデザインとして企画/発想が優れているか
●デザインの企画/発想が他業種の手本となり得るか
●従来にない色域に挑戦して成果を上げているか
●新しい技術を効果的に採用しているか
●内外装のカラーが調和しているか
●インテリアカラーが美しいか
●エクステリアカラーが美しいか

 そして審査の仕方は、一般審査員100名、JAFCA自動車色彩分科会審査委員10名、そしてACA審査委員3名の投票により決定する。持ち点は一般審査員が1人1点、JAFCA自動車色彩分科会審査委員が30点(最もよいものに20点以上、残りの点数を二分して最大3ノミネートに投票可能)、そしてACA審査委員は持ち点100点(最もよいものに60点以上、残りの点数を二分して最大3ノミネートに投票可能)となっている。

 JAFCA自動車色彩分科会審査委員はカワサキ、スズキ、ダイハツ、日産、トヨタ、ホンダ(二輪・四輪)、マツダ、三菱、ヤマハの9社10名で構成される。ACA審査委員は、Qurz〈クルツ〉Inc.の インダストリアルデザイナー・島村卓実氏、ワコールアートセンターのシニアプランナー・松田朋春氏、JAFCAのクリエイティブディレクター・大澤かほる氏の3名となっている。

→ 次ページ:
2017年の15ノミネートを紹介!

メルマガ登録はこちら