JAF Mate Neo ニュース・プラス

2017/12/15

地震等の自然災害を、
ビッグデータで統合解析!
EPRCの情報サービス【前編】

EPRCはどのような研究センターか?

np171206-02-04.jpg

さまざまな研究機関などが観測や計測している、大別して12種類のデータを統合して解析している。そのデータ解析手法は、「ISACO(International Surface Artificial Intelligence Communicator)」という。

 EPRCは、GPS衛星による測位を初め、JAXA(宇宙開発研究機構)などが運用する地球観測衛星からの観測データなど、国内の複数の研究機関などによる地質、気象、海洋などに関する膨大な観測・計測データを、AIを用いて統合解析するという手法を用いて、自然災害の種類・規模・発生地点・発生時期などを研究している。

 複数のデータを組み合わせることで、何が見えてくるのか? まずはEPRCが毎週提携企業や防災組織などに配信している、地震に関連した「地震予兆解析レポート」で具体的に見てよう。

np171206-02-08.jpg

地震とは大きなものになればなるほど、その予兆現象が発生するという。中でも顕著な予兆現象は、地震発生の1~6週間ほど前に通常とは異なる大きな地殻変動だ。地震予兆解析レポートでは、22年分の地殻変動と地震のデータを解析し、最新の異常な地殻変動が地震につながる可能性があるかどうかを報告している。

→ 次ページ:
「地震予兆解析レポート」に迫る!

メルマガ登録はこちら