JAF Mate Neo ニュース・プラス

2017/12/15

地震等の自然災害を、
ビッグデータで統合解析!
EPRCの情報サービス【前編】

np171206-02-01.jpg

この東北地方の各所から伸びる赤い矢印が何を意味するのか? ぜひ最後までご覧いただきたい。

 さまざまな地震予測技術が研究される中で、GPS衛星による地殻変動の計測を用いた方法をご存じだろうか? 国土地理院が全国1380カ所に設置した「電子基準点」を観測して地殻変動の距離と方向を計測することで、過去に起きた地震の地殻変動データと照らし合わせ、地震が発生する可能性を導き出すという手法である。

 こういった解析手法を構築し、地震等の自然災害の予兆現象をとらえるべく研究を行っている民間の研究組織がある。一般社団法人自然災害研究センター(EPRC:Earth Prediction Research Center)だ。

進歩を続ける地球観測技術を利用!

np171206-02-02.jpg

地球観測技術は常に進歩しており、現在は地球測位衛星や地球観測衛星(上画像。ESA(欧州宇宙機関)の「SENTINEL-1A」)などにより、以前より精度よく観測できる。

 地球観測は、日本国内だけでもさまざまな研究機関や省庁が観測やデータ収集を行っている。ただ、それらの統合的な解析があまり行われていなかったことが課題であった。それを実践しているのがEPRCで、それぞれ得手不得手のある情報を相互補完させる形で統合し、自然災害の予兆現象をとらえようとしているのである。

→ 次ページ:
EPRCに迫る!

メルマガ登録はこちら