JAF Mate Neo ニュース・プラス

2017/12/14

【動画あり】
AIによる未来の横断歩道!
歩きスマホもなくなる?

00_AIcross__00.jpg

(c) DIRECT LINE

 人口知能(AI)を使って交通状況に応じた対応をする歩行者用横断歩道が開発され、英ロンドンで試験的に実施された。

 「Starling Crossing スターリング・クロッシング」と呼ばれるこの信号はハイテク企業「Umbrellium アンブレリウム」により開発された。同企業によれば、道路技術の多くはクルマに焦点を当てたもので、イギリスの歩行者用横断歩道は1940年代に導入されて以来、都市の機能が大きく様変わりしたにもかかわらず、当初のものから基本的に進化していないという。

飛び出しや歩きスマホにも対応

 設置されたプロトタイプは、道路に埋め込まれたLEDで標示するディスプレー・タイプの横断歩道である。コンピューター制御により、光源を日中に相当するほど明るくしたり、必要に応じて横断歩道のレイアウトや大きさ、色、方向、場所までも変えることができる。

 動画で見ると仕組みが一目瞭然なのでご参照いただきたい。

(c) Umbrellium / DIRECT LINE

→ 次ページ:
高齢者も識別し安全に渡れるよう促す

メルマガ登録はこちら