JAF Mate Neo ニュース・プラス

2017/12/10

約30分が約5分に!
冬用タイヤ
自動判別システムに驚く

 本格的な冬の到来を前に、NEXCO三社など、大規模な降雪が予想される地域では、降雪対策が進められている。

 降雪があった場合、冬用タイヤの装着指導が対象区間手前のインターチェンジなどにおいて行われる。しかし、このタイヤチェックはすべての車両に対して目視で実施されており、通行車両が多い時間帯には渋滞が発生してしまうという課題を抱えていた。

 そこでNEXCO西日本が2017年度から冬用タイヤの装着を確認するために採り入れたのが、「冬用タイヤ自動判別システム」だ。

 従来は、人がチェックするためにすべてのクルマを一旦停車させていたのだが、今回は画像認識技術を用いて自動判別する仕組みなので、時速30km以下でなら走行しながらでもチェックが可能となった。

 このため、作業の待ち時間が最大で80%削減できるようになり、目視で約30分かかっていたところを、わずか約5分しかかからないところまで短縮できるようになったのである!

np171206-01-01.jpg

今回の新システム導入で、クルマは時速30km以下なら走っていてもチェックできるので、冬用タイヤのチェック時間が従来の約30分から約5分に大幅短縮することが可能となった。

→ 次ページ:
システムの構成を紹介!

メルマガ登録はこちら