ニュース・プラス ロールス・ロイス「ファントムI」など、戦前のクルマたち!【動画あり】トヨタ博物館クラシックカー・フェス2017(1)

神宮外苑から皇居脇を通って銀座周辺までのパレードランと、明治神宮外苑 聖徳記念絵画館前での展示が見所のクラシックカーの祭典「トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑」。2017年は11月25日に開催され、今年も一般オーナーの所有車やトヨタ博物館の所蔵車など、戦前から1980年代までのクラシックカーや旧車が約100台が集結した。その模様をレポートする第1弾は、1800年代末のベンツ「パテントモトールヴァーゲン」を筆頭に、戦前のクルマを動画と画像で紹介する。

2017年12月06日 掲載

 一般オーナーからは1925年から1987年までの100台強が参加。また、トヨタ博物館からも世界初のガソリン自動車ベンツ「パテントモトールヴァーゲン(レプリカ)」などが展示された。まずは、一般オーナーの車種は戦前のもの7台を、トヨタ博物館の展示は1台のみ戦後のものだが、そのほか1800年代末から1900年代初頭のクルマと、その走行の様子を動画で収録した。

まずは1925~1928年式のクルマたち

ロールス・ロイス ファントムI トルペードツアラー|rolls-royce phantom 1 torpedo tourer

ロールス・ロイス「ファントムI トルペードツアラー」。ロールス・ロイスは1906年に、英国でフレデリック・ヘンリー・ロイスとチャールズ・ロールズによって設立された。現在はBMWの傘下となっているが、「ファントム」の名を継ぐ最新モデルが販売されている。

ロールス・ロイス シルバーゴースト|rolls-royce silverghost

ロールス・ロイス「シルバーゴースト」。1926年式。ロールス・ロイスの往年の名車には、上で紹介した「ファントム」やこの「ゴースト」、さらに「レイス」など、幽霊系の名前が使われているのが特徴。「シルバーゴースト」はエンジンフードの銀色と、その静かな走りから名付けられたという。

ベントレー 6.5L|bentley 6.5l

ベントレー「6.5L」。1928年式。ベントレーはウォルター・オーウェン・ベントレーによって1919年に英国で設立された。初期にル・マン24時間レースで活躍するなどして、高性能スポーツカーとして一躍有名となった。現在はフォルクスワーゲンの傘下となっている。

→ 次ページ:
続いて1929~1932年式を紹介!