JAF Mate Neo ニュース・プラス

2017/11/23

フォーミュラE香港に
可夢偉選手が緊急参戦!
その心境は?作戦は??

np171122-01-01.jpg

新しいカテゴリーのレースに参戦できることが非常に楽しみという小林可夢偉選手。

 12月2日から香港で2017/18シーズンが開幕する、EVフォーミュラカーの国際シリーズであるFIAフォーミュラE選手権。17/18シーズンは2018年7月28日・29日のカナダ・モントリオールのダブルヘッダーまで世界11カ国を舞台に全14戦が開催され、全10チーム20人のドライバーによって争われる。アウディやジャガー、ルノーなどが参戦しているほか、今後、日産、メルセデス・ベンツ、ポルシェ、BMWなどもワークスとして参戦することを表明しており、現在、欧州のEV化の波などもあって最も熱いとされるレースだ。

 そんなフォーミュラEの12月2日(土)・3日(日)のダブルヘッダーとなる開幕戦の香港ラウンドに、F1経験もある小林可夢偉選手がスポット参戦することが発表された。チームは、MS&AD アンドレッティ・フォーミュラE(米)で、カーナンバーは27。レギュラードライバーのトム・ブロンクビスト選手の代わりを務める。チームメイトは28号車のアントニオ・フェリックス・ダ・コスタ選手。

 アンドレッティは同レースの1年目から参戦しているチームで、CEOは北米で開催されているインディカー・シリーズで佐藤琢磨選手が所属するチームと同じ、往年の人気ドライバーであるマイケル・アンドレッティ氏。

 可夢偉選手はフォーミュラEに参戦する日本人ドライバーとして、2014年の佐藤琢磨選手、2015年の山本左近選手に次いで3人目。22日に記者会見を実施し、抱負などを語った。

→ 次ページ:
フォーミュラEには以前から興味が

メルマガ登録はこちら