JAF Mate Neo ニュース・プラス

2017/11/10

【東京モーターショー2017】
ドデカイの大集合(2)
三菱ふそう&UD+海外メーカー

 10月27日より11月5日まで、東京ビッグサイトで開催された第45回東京モーターショー2017。国内4社と海外2社が出展した大型車メーカーをお届けする。

 第2弾は、三菱ふそう、UDトラックスの国内2社と、スカニアとボルボの海外メーカー2社の展示車両をお見せしよう。

三菱ふそうは市販2車種+参考出展2車種

 三菱ふそうは「LIGHT UP TOMORROW(明日を照らす)」をテーマに、ワールドプレミア1車種を含むトラック3車種、大型観光バス1車種を出展した。

 また同社は10月25日に、自動車メーカー初となるトラックとバスに特化した電気商用車ブランド「E-FUSO」を発表。今後、数年以内に同社のトラックとバスの全車種にEV車を追加するとしている。

np171108-01-01.jpg

E-FUSOブランドで出展された1台、「eCanter(イーキャンター)」。同社の主力小型トラック「Canter」がベース。全長5935×全幅1995×全高2195mm。車両総重量7490kg。最大積載量約3000kg。最高出力135kW、最大トルク390N・m。リチウムイオンバッテリーを搭載し、容量は82.8kWh。最高速度は時速80km、一充電距離は約100km。11月からはヤマト運輸に導入が始まっており、12月にはセブン-イレブンに導入が予定されている。また今後2年で国内と欧米で500台の販売を予定しており、2019年から一般販売を開始する。

np171108-01-04.jpg

今回がワールドプレミアとなった、E-FUSOブランドのEVトラックのコンセプトモデル「Vision ONE」。車両総重量2326kg。最大積載量1111kg。一充電距離は最大で350km。サイズや最高出力、最大トルクなどは未公表。

np171108-01-02.jpg

2017年5月に21年ぶりのフルモデルチェンジとして発表された、大型トラック「スーパーグレート」。今回展示されたのは、同年9月に追加された、セミトラクタ仕様「FR-P セミトラクタ」だ。全長5685×全幅2490×全高3615mm。車両総重量7000kg。第5輪荷重(最大積載量)11500kg。排気量10.7Lのディーゼルエンジン「6R20(T3)」を搭載。最高出力315kW/1600rpm、最大トルク2100N・m/1100rpm。「スーパーグレート」に関する記事はこちら(新しいタブが開きます)。

np171108-01-03.jpg

2017年5月に、10年ぶりとなるフルモデルチェンジ車が発表された大型観光バス「エアロクィーン」。全長1万1990×全幅2490×全高3520mm。車両総重量1万5300~1万6075kg。排気量7.7Lのディーゼルエンジン「6S10(T2)」を搭載。最高出力280kW/2200rpm、最大トルク1400N・m/1200-1600rpm。乗車定員はタイプによって異なり、30人乗りや60人乗りなどがある。「エアロクィーン」に関する記事はこちら(新しいタブが開きます)。

→ 次ページ:
続いてはUDトラックス!

メルマガ登録はこちら