JAF Mate Neo ニュース・プラス

2017/11/09

どんなクルマが出てたかな!?
東京モーターショー2017
まとめ(コンパニオンも!)

np171107-02-00.png

 10月27日より11月5日まで、東京ビッグサイトで開催された第45回東京モーターショー2017。メーカー別にモーターショー関連の記事をまとめてみる(リンクをクリックすると、新しいタブが開きます)。

各ページの内容

●1ページ目:トヨタ、日産、ホンダ、レクサス
2ページ目:スバル、マツダ、三菱
3ページ目:スズキ、ダイハツ、2輪、大型車
4ページ目:コンパニオン

トヨタ

トヨタ、ついにEVシフトか? 「全固体電池」で大逆転を狙う!

np171107-02-04.jpg

ハイブリッド車では市場をけん引してきたトヨタだが、EVはまだ市販車が存在しない。そんなトヨタはEVの量産化を視野に入れていること、そしてEV市場で"ゲームチェンジャー"になり得る、ネクスト・リチウムイオン電池の「全固体電池」についてルロワ副社長が語った。

 

新型タクシーは、走る"おもてなし"カー。

np171107-02-01.jpg

10月23日に発表された「JPN TAXI」。トヨタブースでの展示だけでなく、実際に無料タクシーとしてビッグサイトと試乗会場のMEGA WEBなどをつなぐなど、東京モーターショーの移動手段として活躍した。

 

燃料電池車は続けます。

np171107-02-05.jpg

トヨタは、水素を燃料とする燃料電池車「MIRAI」を市販したが、車両価格自体も高額だが、水素ステーションなどのインフラ整備の問題があるなどの理由から普及しているとはいえない状況だ。しかし、トヨタは燃料電池車を今後も続けていくとしている。

 

日本メーカーの雄 さすがの全方位出品!

np171107-02-06.jpg

トヨタが出展した、「CROWN Concept」や次期「センチュリー」といった高級車、ハイブリッド・スポーツカー「GR HV SPORTS concept」、クロスオーバーSUV「Tj CRUISER」、AI搭載の次世代車「Concept-愛i(コンセプト・アイ)」シリーズなどを紹介。

 

日産

新型LEAFのスポーツモデルが登場するらしい!

np171107-02-08.jpg

日産は、モータースポーツ部門NISMOが手がけた「LEAF NISMO Concept」や「セレナ NISMO」を出展。そのほか、13代目の現行「スカイライン」のマイナーチェンジモデルなども出展。

 

ホンダ

あれもこれも、どれもモビリティ!

np171107-02-02.jpg

ホンダがASIMOなどで長年蓄積してきたロボットテクノロジーをモビリティに応用した、画像の「ロボキャス」などコンセプトモデル5車種の追加情報。実際にホンダブースでは、ロボキャスは展示エリア内をちょこちょこかわいく動いていた。

 

EV推し推し 街乗りからスポーツカーまで

np171107-02-07.jpg

ホンダは、EVスポーツカー「Sports EV Concept」、コンパクトEV「Urban EV Concept」、AI搭載のコミューター「NeuV」、バランス制御で転ばないバイク「Riding Assist-e」などのコンセプトモデルのほか、ミッドサイズSUV「CR-V」など市販予定のクルマなどを出展。

 

レクサス

5代目LSが登場。レクサス流高級車を見に行こう!

np171107-02-11.jpg

ワールドプレミアのコンセプトカーのほか、かつて国内ではレクサスブランドがなかった1989年に、「セルシオ」として発売された「LS」の6代目や、「CT」のマイナーチェンジモデルなどが出展。

→ 次ページ:
続いてはスバル・マツダ・三菱

メルマガ登録はこちら