JAF Mate Neo ニュース・プラス

2017/11/09

【JAF会員優待あり】
アンデスの謎に迫る集大成!
「古代アンデス文明展」が深い。

00_andes_07.jpg

《象嵌のマスク》 モチェ文化(紀元200 年頃から750/800 年頃) ペルー文化省・国立博物館所蔵 撮影 義井豊

 南米大陸の太平洋岸に展開した、時間的にも空間的にも巨大で複雑なアンデス文明の謎に迫る「古代アンデス文明展」が、2018年2月18 日まで東京上野の国立科学博物館にて開催中だ。

そもそもアンデス文明とは?

 時間的には、紀元前3000年頃から16世紀にスペイン人がインカ帝国を滅ぼすまでの間。空間的には、ペルー、ボリビア、アルゼンチン、チリにかけての南北4000km、標高差4500mに及ぶ広大な地域で、多種多様な文化が盛衰を繰り返した。

なぜアンデス文明には謎が多いのか?

 アンデス文明は、この地域の他に類を見ない変化に富んだ自然環境の影響と、16世紀にスペイン人が侵略するまで他と接触がなかったため独自の文化を育んできた。そのためアンデス文明に関する多くの謎はいまだ解明されていない。

00_andes_01.jpg

標高2430mの山の尾根に広がる「空中都市」マチュピチュは、インカ帝国の遺跡。マチュピチュを建てた目的について今までさまざまな説が出たが、最近一番有力なのは、王のミイラに捧げられた街として造られたという説だ。(c) picture alliance / Sergi Reboredo

 本展覧会では、カラル、チャビン、ナスカ、モチェ、ティワナク、ワリ、シカン、チムー、インカというアンデス文明を代表する9つのユニークな文明を取り上げ、その中で育まれた神々の神話や儀礼、神殿やピラミッドを作り上げる優れた技術、厳しくも多彩な自然環境に適応した独自の生活様式を、黄金製品やミイラ、土器などの、約200点の貴重な資料によって明らかにする。
 1994年から、5回の展覧会を開催し400万人以上を動因した「TBSアンデス・プロジェクト」の集大成ともいえる特別展である。

→ 次ページ:
アンデス文明の謎とは?

メルマガ登録はこちら