JAF Mate Neo ニュース・プラス

2017/11/01

【JAF会員優待あり】
展覧会「北斎とジャポニスム」
西洋絵画の中にみる北斎という光

00_hokusai_00.jpg

 展覧会「北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」が2017年10月21日~2018年1月28日、東京上野・国立西洋美術館にて開催中だ。

ジャポニスムの立役者、北斎を切り口にした世界初の企画展

 モネ、ドガ、セザンヌ、ゴーガンなど19世紀後半の西洋の芸術家は日本美術、特に北斎に刺激され"新しい芸術"を作り上げた。その"ジャポニスム"といわれる現象に影響を受けたとされる西洋芸術約220点と、彼らに影響を与えた浮世絵師・葛飾北斎の作品約110点を対比したのが本展覧会であり、世界初のジャポニスム展である。

 日本にいる私たちはジャポニスムについてあまり知る機会がなかった。
 こうして具体的に北斎と西洋画家の作品が会すると、いかに北斎が彼らに多大な影響を与えたのかが浮き彫りになり驚かされる。巨匠といわれる画家たちが、こぞって北斎を模倣し、習作や本物そっくりに描かれた絵もある。

ジャポニスムの背景

 ジャポニスムの画家たちは、なぜそれほどまで北斎に感銘を受けたのか?

 それは西洋美術の画家がそれまでのスタイルに限界を感じ、行き詰まっていたからである。彼らはキリスト教圏の西洋において、聖人の生涯を証することとそのために発展してきた遠近法をはじめとした美術の規範に閉塞感を感じていた。その壁を打ち壊すための北斎という武器を彼らは得た訳である。

 北斎の斬新な構図、画面を断ち切るように手前にそそり立つ木、人間の視覚的体験をもとした風景画、ダイナミックな海景画、同一の対象を繰り返し描いたシリーズ(連作)として展開させるアイデアなどは驚きをもって取り入れられた。北斎が描く江戸文化の自由さや庶民生活の喜びは、キリスト教文化の伝統や重厚さ、モラルから解放し、芸術を新しく再生するものとして彼らの目に映ったのである。

→ 次ページ:
ドガ、モネ、ゴッホに北斎が残したもの

メルマガ登録はこちら