JAF Mate Neo ニュース・プラス

2017/10/07

【もうすぐ東京モーターショー2017】
スズキ情報-EVになった
次世代ジムニー?もちろんバイクも!

im0000004550使用.jpg

 スズキは9月22日、東京ビッグサイトで開催される第45回東京モーターショー2017(10月27日~11月5日(一般公開は10月28日から))への出展概要を発表した。

 同社が次の100年に向けて提案するとした、コンセプトカー 「e-SURVIVOR(イー・サバイバー)」(写真上)。コンセプトカーはそのまま市販されることはめったにないが、メーカーが考える新しいコンセプトの提案を形にしたもの。実際、コンセプトカーがモーターショーで人気となり、次の市販バージョンが決まることもある。e-SURVIVORは、同社のジムニーやエスクードのようなコンパクトSUVの次世代型の提案。頑強なラダーフレームにコンパクトな車体を載せたEVだ。

im0000004547使用.jpg

 「XBEE(クロスビー)」は、大人気車種・ハスラーを大きくしたような形。こちらは市販化前提の参考出品車。SUVと小型ワゴンのいいとこ取りをしたような車で、ハスラーの普通車バージョンが欲しかった人食指を動かすこと間違いなし。アウトドアモデルやストリートモデルなど複数出品予定。

im0000004549使用.jpg

 人気の軽ハイトワゴン「スペーシア」がフルモデルチェンジして登場予定。あくまで参考出品の「スペーシア コンセプト」として登場するが、ほぼこのまま市販されるだろう。

im0000004544使用.jpg

 同社の軽トラックキャリィをベースにした「キャリイ軽トラいちコンセプト」を参考出品。キャビンを広くして使い勝手を向上。地方を中心に、店舗に見立てた軽トラが軒を並べる"軽トラ市"が人気だが、その人気をさらに盛り上げてくれるようなモデル。"仕事専用車"という枠組みではなく、毎日の移動やレジャーにも幅広く使える仕様になっているようだ。

 四輪車は20台を出品予定。本格SUVのジムニーが今年フルモデルチェンジを発表する予定で、東京モーターショーでのお披露目も噂されているので、今回のスズキブースは注目度が高くなりそう。【10/27追記:ジムニーの出品はありませんでした】

im0000004543使用.jpg

 同社の二輪車部門からは、「SV650X」が参考出品される。高性能ツイン「SV」の血統を受け継ぎつつ、懐かしさを感じるデザインテイストを盛り込んだ。昨年のモーターサイクルショーで注目を集めたSV650ラリーコンセプトの進化形だ。二輪車は全9台出展する予定だ。

2017年10月7日(JAFメディアワークス IT Media部 伊東 真一)

メルマガ登録はこちら

関連記事

あなたが好きそうな記事