JAF Mate Neo ニュース・プラス

2017/10/02

【フランクフルトモーターショー2017】
世界最大級のモーターショーは、
EVとコネクトの全盛だった!Vol.3

03_iaa_00.jpg

© IAA

 フランクフルトモーターショーでは、やはり地元ドイツの自動車メーカーが新作の発表に力を入れ、その動向が注目を浴びていた。BMWは「i」、メルセデス・ベンツは「EQ」、フォルクスワーゲン(VW)は「I.D.」と、各社がEVブランドのコンセプトを打ち出しており、戦略の上手さを感じさせる。

アウディは自動運転に特化

 アウディは、自動運転をメインに押し出した発表を行い、自動運転のレベル3を実現した新型「A8」、レベル4を搭載した「Elaine(エレーヌ)」、完全な自律運転レベル5を実現するコンセプトカー「Aicon(アイコン)」の3車種を紹介した。

03_iaa_02.jpg

照明でブランドのロゴマークを表現したアウディのブース。© IAA

時間差で照明の色が変わるアウディの照明デザイン

 ちなみに、レベル3とは条件つきの自動運転が行えるレベルで、自動運転が行える条件下では、ドライバーは運転をクルマに任せて他のことができるが、クルマ側に運転に戻るように警告された場合は、すぐに戻らなくてはならない。レベル4は高度な自動運転のレベルで、高速道路等の条件はあっても、条件内であればドライバーは完全に運転操作をクルマに委ねることができる。レベル5は完全な自動運転のレベルで、条件なく、全ての運転操作をクルマが担い、どのような状況下でもドライバーの助けを必要としないレベルをいう。

→ 次ページ:
未来のビジョンを映す完全自動運転アイコン

メルマガ登録はこちら