JAF Mate Neo ニュース・プラス

2017/09/26

ジャパンEVラリー白馬その3
VW、ボルボに乗った!
欧州PHV試乗後編【動画あり】

 9月2日(土)~4日(月)に長野県白馬村で開催された、『ジャパンEVラリー白馬2017』(一般社団法人日本EVクラブ主催、白馬村/白馬村観光局後援)。

 同イベントでは試乗会も行われ、国内外メーカーのEV(電気自動車)やFCV(燃料電池自動車)、PHV(プラグイン・ハイブリッド車)にも乗ることができた。試乗レポートその2は、海外メーカーのPHV7車種が集まったが、続いて後編として残りの3台をお届けする。

フォルクスワーゲン「ゴルフ GTE」

np170923-01-01.jpg

フォルクスワーゲン「ゴルフ GTI」。ベース車両は、累計の販売台数が世界で合計約200万台という「ゴルフ GTI」の最新7代目だ。

 「ゴルフ GTE」はフォルクスワーゲン(VW)初のPHVで、2015年9月から日本国内での販売が始まった。ベース車両は、元祖"ホットハッチ"(スポーツタイプのハッチバック)といわれる「ゴルフ GTI」の最新7代目だ。

 走行モードは、一般的なモーター駆動のみの「E」、効率よくガソリンエンジンとモーターを使い分けて駆動させる「HV」に加え、両方を同時に駆動させることで「ゴルフ GTI」譲りのスポーティな走行を楽しめる「GTE」の3種類が用意されている。

 なおVWは現在アウディを傘下に従えていることから、両ブランドでプラットフォームの共通化を図っている。前編で紹介したアウディ「A3 スポーツバック eトロン」とこの「ゴルフ GTE」は共通プラットフォームを使用して開発された。

 最高出力80kW・最大トルク330N・mのモーターを搭載し、モーター駆動のEモードでは最高速度は時速130km、航続距離は最長53.1km。リチウムイオン・バッテリーの総電力容量は8.7kWh。

 ガソリンエンジンは直列4気筒ターボ・排気量1394cc。ハイブリッドモードでの燃費は、23.3km/L(JC08モード)だ。

np170923-01-02.jpg

「ゴルフ GTE」のリアビュー。車両価格は469万円(税込)。

「ゴルフ GTE」の同乗試乗の様子。回生ブレーキの効き具合が強くなるシフトセレクターを「Bレンジ」にした際の走行なども見てもらえる。解説は試乗会でインストラクターを務めた女性モータージャーナリストの吉田由美氏。

→ 次ページ:
続いてはVWのPHVのフラッグシップ車!

メルマガ登録はこちら

関連記事

あなたが好きそうな記事