JAF Mate Neo ニュース・プラス

2017/09/25

【フランクフルトモーターショー2017】
世界最大級のモーターショーは、
EVとコネクトが全盛だった!Vol.2

01_iaa_01.jpg

世界初公開されたメルセデスAMGのモデルカー『プロジェクトワン』。© Mercedes-Benz

 フランクフルトモーターショーは、フランクフルト中央駅から電車で2駅ほど離れた見本市会場で開催される。23万平方メートルの敷地が広大で、端から端まで歩くと20分かかるほどである。

 メルセデス・ベンツは毎年、3階建てのエスカレータが設置されたドーム状の建物にブースを構える。これは見本市会場が竣工になった当初からある由緒ある建物である。

01_iaa_02.jpg

メルセデス・ベンツの展示会場。© JAF MW

ベンツもEV移行を発表

 メルセデス・ベンツの最高経営責任者(CEO)であるディーター・ツェッチェは9月12日、2022年までに小型車からSUVまでの同社の全モデル、50以上の車種に電動駆動装置を搭載すると発表した。その内の10台は純粋なEVで、「スマート」は2020年までに完全にEVになるという。BMWに続きEV化への方針を明らかにした。

01_iaa_03.jpg

新型Sクラスを発表するメルセデス・ベンツCEOのディーター・ツェッチェ。© Mercedes-Benz

 最初に紹介された新車は、新型Sクラスのクーペとカブリオレ「S 560 4MATIC」、PHVの「S 560 e」「S 63 4MATIC」の3台である。2014年以降の売り上げが11.7%上昇したメルセデス・ベンツであるが、その中心を担っているのはSクラスであり、2016年に世界で最も購入された高級車だそうだ。

01_iaa_04.jpg

フランクフルトモーターショーでベールを脱いだメルセデス・ベンツの未来のモビリティのあり方を示す「CASE」。© Mercedes-Benz

 続いてミュージカル仕立てで紹介されたのが、メルセデス・ベンツ傘下のブランド・スマートの「ビジョンEQフォーツー」である。

01_iaa_05.jpg

ビジターの注目を集めていたスマートのコンセプトカー「ビジョンEQフォーツー」。バンバーには、ユーザーへのウェルカムメッセージなどが表示されていた。© JAF MW

 メルセデス・ベンツはコネクテッド、オートノマス(自動化)、シェア&サービス、エレクトリックの4つを柱に掲げる新たな企業戦略「CASE」を進行中であり、ビジョンEQフォーツーは、CASEを進行させる上で重要なキーカーとなる模様だ。ビジョンEQフォーツーは、アクセルもハンドルもない自動運転(オートノマス)を実現する未来車で、スマホなどのデバイスに接続(コネクテッド)して稼動し、道順を設定しカーシェアリングを可能にした移動(モビリティ)のあり方を再構築するクルマである。

01_iaa_06.jpg

ハンドルもアクセルもないビジョンEQフォーツーのインテリア。その分スペースに余裕が感じられる。© JAF MW

→ 次ページ:
F1エンジンを搭載したハイブリッド・スーパーカー登場!

メルマガ登録はこちら