JAF Mate Neo ニュース・プラス

2017/09/14

マーラ、ケープハイラックス、
リスザル、ミーアキャット……!
富士サファリで赤ちゃん続々!!

「どうぶつ村」ではまずリスザルから!

 同じふれあいゾーンにある「どうぶつ村」エリアでも赤ちゃんが誕生。マーラの赤ちゃん誕生から2日後の7月14日には、リスザルの赤ちゃんが1頭が生まれた。現在、リスザルの赤ちゃんは母親の背中にしがみついて生活しており、甘えたり眠ったり、おっぱいを飲んでいるそうだ。

 赤ちゃんは誕生時は体長が約12cmで、体重が約100g。9月11日現在は約15cmに成長し、体重は倍の約200gになったという。

np170913-01-02.jpg

リスザルの親子。赤ちゃんのしがみつき具合がかわいい! やはりこの赤ちゃんも現時点では性別は未確認だそうだ。なおリスザルは成獣になると、体長が30cm、体重が700gから1kgほどになる。中・南米の川添いの森林に生息しており、数10頭が群れを作って樹上生活する。食べ物が豊富な場所では群れ同士が集まり、数100頭になるようなこともあるという。

ケープハイラックスは8月に5頭が誕生!

 どうぶつ村で誕生したもう1種類が、ケープハイラックス。

群れで赤ちゃんが合計5頭も誕生し、群れが10頭(オス・メス5頭ずつ)から一気に15頭となってよりにぎやかになった。まず8月4日に3頭が、約2週間後の20日に2頭が誕生した。現在、赤ちゃんたちは群れの仲間と過ごしており、追いかけっこしたり、背中に飛び乗って遊んだりと元気いっぱいだという。

np170913-01-03.jpg

ケープハイラックスの親子。これまた赤ちゃんたちの性別は未確認。なおケープハイラックスは、アフリカ中東部のサバンナや岩場に生息する。成獣は体長が40~50cmほど、体重が3~4kgほど。外見はウサギネズミに近いが、足には蹄(ひづめ)に似た平爪があることなどから、動物学的にはゾウやジュゴンに近い動物とされている。野生では、20~100頭の群れを作って岩場を住み処として暮らしている。

→ 次ページ:
そして最新情報!

メルマガ登録はこちら