JAF Mate Neo ニュース・プラス

2017/09/12

AUTOMOBILE COUNCIL#5
60年代から90年代まで!
911大盛りのドイツ車編1

 海外のヒストリックカーや国産の旧車が題材の展示・即売会『AUTOMOBILE COUNCIL(オートモビルカウンシル) 2017』。第2回となる今年は8月4~6日に幕張メッセで開催された。

 同展示会は、国内外の複数の自動車メーカーに加え、ヒストリックカーや旧車のレストアを行っているショップや、海外メーカーの輸入代理店が数多く参加している。往年のスーパーカーや高級車、さらには戦前のクラシックカーなどをまとめて見られるのが特徴だ。

 レポート第5弾はドイツ車編その1ということで、複数のショップが出展していた60~90年代のポルシェを、中でも「911」を中心にお届けする。


ポルシェは「911」+αで合計12車種が集結!

 ポルシェの顔どころか、ドイツが世界に名だたるスーパーカーである「911」は、1963年のフランクフルトモーターショーで「356」の後継車として発表された。当初は「901」という名称だったが、プジョーによる登録商標で3桁数字の車名の場合は2桁目を「0」とすることができず、後に「911」に改称された。

 「901」としては84台が1964年に生産。「911」としては1965年から量産され、50余年の歴史で2017年5月には100万台突破を達成している。なお初代911は、かつての名称にちなんで「タイプ901(901型)」と呼ばれる。

 今回は、60年代末から70年代半ばまでのモデルと、少し時代が進んで90年代のモデルの合計9車種が出展されていたので、年式の古い順に紹介する。

911S(初代・タイプ901:1968年前期)

np170904-01-01.jpg

マカオのスケールモデルメーカー・スパーク社の日本法人「スパークジャパン」が展示した「911S」。1968年8月以降の生産モデルはホイールベースが延長されたことから、それ以前の「911」は「ナローポルシェ」といわれ、この1968年前期モデルは「最後期のナローポルシェ」といわれる。

np170904-01-02.jpg

L、T、Sと3種類あった当時のグレードの中で、このSは「スポーツ」を意味し、最上位モデルとなる。排気量は車種によって変化するが、911の伝統として受け継がれている水平対向6気筒エンジンをリアに搭載し(1968年前期の「911S」は2L)、最高出力160ps/6600rpm、最大トルク18.2kg-m/5200rpmをマークした。「911S」は金鍛造ピストンを採用し、バルブやポートの大径化などが施されていた。

911S(初代・タイプ901:1969年式)

np170904-01-03.jpg

空冷モデルをメインに扱うポルシェ専門店のTHE GARAGE WORKSは4台の「911」を出展。その内の最も年式が古かったのが、1969年式「911S」だ。見比べてみないとわかりにくいが、上で紹介した1968年前期型「911S」よりもホイールベースが57mm延長されており、その結果として操安性が大幅に改良された。

np170904-01-04.jpg

「911S」の登場は1967年から。なお、すべての「911」が採用しているわけではないが、5本スポーク型の独・フックス社製ホイールは「911」の特徴のひとつとされ、最初に装着した「911」がこの時期の「911S」だ。

→ 次ページ:
続いて1970年代の「911」

メルマガ登録はこちら