JAF Mate Neo ニュース・プラス

2017/08/31

残念!関電トロリーバスが
廃止決定。残るトロバスは、
立山トンネルのみに。

DSC_4214使用.jpg

関西電力のトロリーバス。見た目はほとんどバスだが法規上は鉄道に分類される。屋根から伸びる、2本の長いポールが特徴だ。

 関西電力は8月28日、関電トンネルで運行するトロリーバスを、19年4月の営業開始以降、電動バスに変更すると発表した。

 関電トンネルは立山黒部アルペンルートの一部にあり、長野県側からアクセスする場合、必ず乗ることになるのがこのトロリーバスだ。観光地としても名高い黒部ダムを見に行くために、乗車したことがある人も多いだろう。

 トロリーバスは、路線上空にめぐらされた架線から電気をもらってモーターで走る。見た目はバスだが、法規上は鉄道に分類される。60年代くらいまでは、大都市で路線バスのように走っていたが、現在では関電トンネルを走るこのトロリーバスと、同ルート上の立山トンネルを走る立山黒部貫光のトロリーバスのみになっている。

→ 次ページ:
関電トロリーバス。なぜ廃止に?

メルマガ登録はこちら