JAF Mate Neo ニュース・プラス

2017/08/31

あっ、このデザイン好きだな!
ファンを魅了する
深澤直人の国内初個展開催!

00_fukasawa_001.jpg

「壁掛式CDプレーヤー」無印良品 1999年。日本で深澤直人の名を知らしめることになった作品。紐を引っ張ることでスタートする発想と、壁掛け式でスピーカーを内蔵した構造が話題になった代表作。

 世界的に活躍するプロダクトデザイナー深澤直人の国内初個展が、東京のパナソニック 汐留ミュージアムで開催されている。

深澤直人の世界が堪能できる展覧会

 無印良品のCDプレーヤー、auの携帯電話「INFORBAR」シリーズ、ドーナッツのような丸みを帯びた形状のプラスマイナスゼロの加湿器など、誰もがどこかで見たことのある深澤直人の卓越した代表作、約110点を一堂に集めて紹介した贅沢な展覧会である。

00_fukasawa_07.jpg

右:「INFOBAR (NISHIKIGOI)」au 2003年。左:「INFOBAR (BUILDING)」au 2003年。二つ折りタイプが主流の時代に出したバータイプの携帯電話。タイルのように境目を指で感じるキーや錦鯉、ビルをイメージした色使いなど、携帯に感覚的機能を盛り込んだことが画期的だった。

00_fukasawa_08.jpg

右:「INFOBAR 2 (MIDORI)」au 2007年。左:「INFOBAR 2 (SILVER)」au 2007年。INFOBARの第二世代。ディスプレーがより大きくなり、全体が丸みを帯びオーガニックな印象を与える、今見ても美しいフォームの作品。握った時の手にしっくりと馴染む感触も計算されている。

IMG_0795.JPG

「加湿器」プラスマイナスゼロ 2004年。加湿器をデザインオブジェクトにするという考えがなかった時に、機械っぽさを廃した有機質な形のデザインを打ち出した斬新な作品。家電のように稼動している時間がよりもオブジェとして置いている時間が長い製品こそ、美しいモノが必要であると実感させられる。「これは空間の癒しだ」と深澤氏はコメントを残している。

 家電、インテリア、家具、キッチン用品など、どの作品をみても見た目の美しさが際立っている。世の中に溢れる多くのもの中で、目に止まり立ち止まりもう一度見る、そんな作品を多く排出している深澤直人のデザイナーとしての尋常ではない才能に驚かされる。
 そして、その美しさはどれもシンプルな無駄のなさに裏打ちされている。

00_fukasawa_28.jpg

イッセイミヤケ「トゥエルプ」SILAP001(右)SILAP004(左)セイコーウォッチ株式会社 2005年。目盛りも数字もない究極のシンプリシティーたる時計を作るのが創作の発端だという。解決法は12の角を文字盤につけることにあった。ブランドロゴさえも短針の中に隠れている。

→ 次ページ:
「普通だね」がほめ言葉?。

メルマガ登録はこちら