JAF Mate Neo ニュース・プラス

2017/08/23

思いやりは怒りから?
ドライバーの「怒り」を分析する
ドイツの「思いやり運転」

00_omiyari_00.jpg

ドイツでは自転車と自動車ドライバーの小競り合いは永遠の課題といわれるほど多い。© picture alliance / dpa Themendienst

 交通事故を防ぐためには、交通ルールを守ることに加え、思いやりのある運転も大切な要因である。

 日本自動車連盟(JAF)でも、交通社会において思いやりの輪を広げる「思いやりティ ドライブ キャンペーン」を展開しているが、こういった取り組は海外にもあるのだろうか? ドイツの例をとって考察してみたい。

 JAFと同じようなドイツの組織として、全ドイツ自動車クラブ(ADAC)が上げられる。ADACはその活動の中に「交通社会における正しい行い」を提唱しており、「フェアな運転」というパンフレットを発行している。これが日本の思いやり運転の働きかけに相当するものである。

怒りの原因が思いやり運転のキーワード

 ADACの「フェアな運転」では、ドライバーが運転中に引き起こす「怒り」にスポットを当てている。

 「人は憤り、自分を見失うと交通ルールを配慮できない状況に陥ります。落ち着いた冷静な精神状態でいてこそ交通安全は守られるのです」。
 と、ADAC交通部門副部長ウルリヒ・ベッカー氏は、パンフレットの前書きで述べている。このドライバーの怒りの感情を基に、

① どういう状況下で人は怒りを発するのか?
② 怒りの元となる相手は、なぜそのような行いをするのか?
③ その場合の交通ルールは?
④ 怒りを感じたらどうすべきか?

といった項目ごとに、相手の心理、その状況下の交通ルール、正しい行いを分かりやすく説明し、安全運転の手引きを展開しているのである。

 まずは、ドイツ人がどういった状況で怒りをあらわにしているのか、ADACが製作した動画を参照していただきたい。
 自転車とクルマの運転手が罵り合ったり、車内で怒りを爆発させるドライバーの様子を撮影したこの動画は、ドイツでごく日常的に起こっている事例である。

リンク先=ADAC YouTube

 次ページでは、動画のような怒りの場面には、どのような状況や心理が隠れているのか、「フェアな運転」で取り上げられている2つの例を紹介する。

→ 次ページ:
ドライバーはどんな時にキレるのか? 傾向と対策

メルマガ登録はこちら