JAF Mate Neo ニュース・プラス

2017/08/21

動画で見る2016年度
JNCAPチャイルドシート
評価ランキング:幼児用編

np170818-01-01.jpg

チャイルドシートなら何でもいい、というわけではないのはもちろんのこと、正しい使い方をしなければ、実際に事故が起きたときに子どもに襲いかかる凶器となりかねない。しっかりとした製品を購入し、正しく使っていただきたい。

 国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)が毎年試験結果を発表している、「自動車アセスメント(JNCAP)」。

 JNCAPではクルマだけでなく、チャイルドシート(CRS)の安全性能評価試験も実施しており、その結果を公開している。平成28(2016)年度の結果は2017年5月に発表された。

 最新の平成28年度の試験を受けたのは7製品。その2では幼児用を紹介する。その1と同様に ランキング形式で紹介する。各製品の試験の様子も動画で掲載しているので、その安全性をご自分の目で確かめていただきたい。


チャイルドシートの種類について

 チャイルドシートは月齢や年齢で区分があり、その1で紹介した乳児用は、新生児~1才ぐらい(体重13kg未満、身長70cm以下)のためのもの。首への負担を減らすため、座席に対してクルマの後方を向いた形で取り付けるようになっている。また新生児用には、横に寝かすベッド型もある。

 そして今回紹介するのが、1~4才ぐらいのための「幼児用」(体重9~18kg、身長65~100cmまで)だ。こちらはシート型ともいわれるように、普通にクルマの前方に向いて座れるように取り付ける。

 また、JNCAPでは現在は評価試験を行っていないが、小学校に上がるぐらいから卒業するぐらいまでの年齢で利用するための「学童用(ジュニアシート)」と呼ばれるものもある。

 ちなみに、子供は年齢が同じでも身長、体重などの体格差があるため、使用する子供が同年齢の平均的な子供と大きく体格が異なる場合は、身長、体重も考慮して使用するタイプを検討したい。

 たとえば、法律でチャイルドシートの使用が義務化されているのは6歳未満だが、6歳以上でも身長が140cmなければ、幼児用シートを使い続けた方がよい。また、6歳以上は大人用のシートベルトを使用と説明しているホームページなどもあるが、シートベルトは身長が135~140cm以上の大人を守るように設計されており、それ以下の身長の人が使うと首にシートベルトがかかるなど危険が大きい。6歳以上のジュニアシートは義務化されてはいないが、子供の安全のためには必ず使うべきである。

 

np170804-01-10.jpg

CRSを座席に装着した際のイメージ。左が乳児用で一般的な後ろ向き型。中央は乳児用では少数派のベッド型。この2種類はその1で紹介した。右が今回紹介する幼児用。装着を間違えないようにしたい。

現在の製品は乳児・幼児兼用が多い

 なお、現在のチャイルドシートの多くは、乳児用と幼児用を兼用しているものが多く、座席への装着の向きを変えるなどして使用する。同じ製品でも、乳児に使う場合はクルマの後方へ向けて座席を装着し、幼児用では前方に向けて装着するのである。

 よって、着座させる乳幼児の月齢や年齢、さらには身長や体重などもよく見て正しい向きで使用してほしい。

→ 次ページ:
幼児用はどのような評価試験を行う?

メルマガ登録はこちら