JAF Mate Neo ニュース・プラス

2017/08/15

AUTOMOBILE COUNCIL#4
イタ車編その2はアルファ、
マセラティ、ランチャなど!

 海外のヒストリックカーや国産の旧車が題材の展示・即売会『AUTOMOBILE COUNCIL(オートモビルカウンシル) 2017』。第2回となる今年は8月4~6日に幕張メッセで開催された。

 同展示会は、国内外の複数の自動車メーカーに加え、ヒストリックカーや旧車のレストアを行っているショップや、海外メーカーの輸入代理店が数多く参加している。往年のスーパーカーや高級車、さらには戦前のクラシックカーなどをまとめて見られるのが特徴だ。

 レポート記事第4弾は、イタリア車編その2をお届けする。その1でフェラーリとランボルギーニを紹介したので、今回はアルファロメオ、フィアット、マセラティ、ランチアの4メーカーに加え、ちょっとレアなイタリア系の2車種を取り上げる。


アルファロメオは60~80年代の3車種!

 アルファロメオは、ガレーヂ伊太利屋、ワールドビンテージカーズに加え、主催者がそれぞれ1車種ずつ展示された。1960~90年代の車種である。どれもイタリア車らしいレッドのみとなった。

ジュリア TZ(1965年式)

np170814-01-01.jpg

主催者が展示した「ジュリア TZ」。TZとは、Tubolare Zagatoの略で、鋼管スペースフレームのシャシーに、イタリアのカロッツェリア(デザイン工房)として有名なザガート(ZED Milano s.r.l.)による軽量かつエアロダイナミクスに優れたアルミボディを被せたことに由来する。レーシングガーとして開発された。

np170814-01-02.jpg

このボディ後端を切り落としたようなデザインは「コーダ・トロンカ」と呼ばれ、ザガートが始めたデザインだ。なおこの展示車両は、元々は1965年のトリノショーに出展されたショーカー。そのときはギアボックスも未実装で、ボディカラーも白だったが、後にドライブトレーンが備えられ、赤にリペイントされた。1972年に現オーナーが入手するが、今もって走行したことはないという。

1300 GT Jr.(1971年式)

np170814-01-03.jpg

ガレーヂ伊太利屋が出展した「1300 GT Jr.」は、1950年代に誕生した名車「ジュリア」シリーズの系統の内、スポーツモデルの「ジュリア・スプリント」シリーズの1台。同車は1960年代半ばに登場。展示車両は1971年式。同車はフロントノーズがボンネットよりわずかに低くなる段差がついている前~中期モデルの通称"段付き"が人気だが、今回の展示車両は段差のない"フラットノーズ"と呼ばれる後期モデル。

np170814-01-04.jpg

排気量は1290ccで、出力は90馬力弱。当時としては出力に対して車重が軽くて運動性能が高かったことから、スポーティクーペとして走りを求めるユーザーに人気が高かったという。

75 1.8i ターボ エヴォルツィオーネ(1987年式)

np170814-01-05.jpg

デビュー年がアルファロメオ創業75周年を迎えたことから名付けられた小型車「75」は1985~92年にかけて生産され、ワールドビンテージカーズが出展した「75 1.8i ターボ エヴォルツィオーネ」は、そのスペシャルなモデル。当時のツーリングカー選手権(WTCC)のホモロゲーション(レース出走条件を満たすこと)取得のために1987年に限定500台として生産された。

np170814-01-06.jpg

「75」は、アルファロメオが自社設計した後輪駆動車としては最後のモデルとなる。ちなみにアルファロメオは「ジュリエッタ」や「ジュリア」など女性名を車名に冠していたが、その後は数字を用いるようになる。同時期には、「75」のほかに「33」や「90」などがある。

→ 次ページ:
続いてフィアット!

メルマガ登録はこちら