JAF Mate Neo ニュース・プラス

2017/08/12

AUTOMOBILE COUNCIL#3
イタ車編その1
跳ね馬&猛牛!

 海外のヒストリックカーや国産の旧車が題材の展示・即売会『AUTOMOBILE COUNCIL(オートモビルカウンシル) 2017』。第2回となる今年は8月4~6日に幕張メッセで開催された。

 同展示会は、国内外の複数の自動車メーカーに加え、ヒストリックカーや旧車のレストアを行っているショップや、海外メーカーの輸入代理店が数多く参加している。往年のスーパーカーや高級車、さらには戦前のクラシックカーなどをまとめて見られるのが特徴だ。

 レポート記事第3弾は、イタリア車編その1ということで、2大スーパーカーメーカーのフェラーリとランボルギーニをお届けだ。


70年代から2017年モデルまでランボルギーニ!

 車種的に、ドハデさで群を抜いていたランボルギーニからまずは紹介しよう。今回は、正規ディーラーのランボルギーニ麻布・横浜が4車種、本業は金属加工業でクルマは趣味でやっているというエムズバンテックが1車種。1970~80年代の往年のランボルギーニに加え、2017年現在購入可能な最新モデルまでを紹介だ。

カウンタック LP400(1976年式)

np170809-03-01.jpg

70年代スーパーカーブームを牽引した1台、「カウンタック LP400」。ランボルギーニ麻布・横浜ブースにて展示。発売は1974(昭和49)年で、展示車両は76年式。全高は1mを数cm超える程度しかない。

np170809-03-03.jpg

「カウンタック LP400」のリアビュー。デザイン重視のため、ルームミラーによる後方視界がほぼない。なお、実際の発音をカタカナ表記にすると、「クンタッシ」が最も近いとされる。

カウンタック LP5000 クワトロバルボーレ(1985年式)

np170809-03-04.jpg

「カウンタック LP5000 クアトロバルボーレ」。エムズバンテックにて展示。85年に登場したモデル。「LP400」のエンジンは4Lだったが、1982(昭和57)年に登場の「LP500S」で4.7Lに、そして同車で5.2Lの4バルブ仕様となり、455馬力を叩き出した。

np170809-03-05.jpg

横から見ると、這いつくばるような全高の低さと、まさにウェッジシェイプ(くさび形)のデザインであることがよくわかる。突き刺さりそうな鋭さである。

→ 次ページ:
2000年以降のランボルギーニたち!

メルマガ登録はこちら

関連記事

あなたが好きそうな記事