JAF Mate Neo ニュース・プラス

2017/08/10

AUTOMOBILE COUNCIL#2
貴重な歴史的名車が集結!
マツダ・スバル&海外メーカー編

 海外のヒストリックカーや国産の旧車が題材の展示・即売会『AUTOMOBILE COUNCIL(オートモビルカウンシル) 2017』。第2回となる今年は8月4~6日に幕張メッセで開催された。

 同展示会は、ヒストリックカーや旧車などのレストアを行っているショップや、海外メーカーの輸入代理店が数多く参加しているが、自動車メーカーも複数が参加している。第1弾でトヨタ、日産、ホンダを紹介したのに続き、第2弾も自動車メーカー編をお届け。マツダとスバル、そして海外からのアウディとボルボを紹介する。


ロータリー車がいっぱい! マツダブース

 今回の展示で、自動車メーカーとしては最も多く出展していたのがマツダだ。マツダのテーマは、「飽くなき挑戦の歴史-ロータリーエンジン誕生50周年」。レース車両も含めて数々のロータリー車を展示した。またロータリーエンジンの内部の動作する様子を見られるカットモデルや、ロータリーエンジン開発で"悪魔の爪痕"として技術者を悩ませた「チャターマーク」が実際に残っている開発時のハウジングも展示した。

np170808-01-16.jpg

マツダ初のロータリーエンジン搭載量産車「コスモスポーツ」のプロトタイプの1台。

np170808-01-17.jpg

「コスモスポーツ」の量産車。1967(昭和42)年に発売され、これまた名車として知られる。特撮ものの「帰ってきたウルトラマン」の地球防衛隊のMAT専用の車両「マットビハイクル」のベース車となった。

np170808-01-18.jpg

「ファミリアプレスト ロータリークーペ」。2代目ファミリアシリーズに、1968(昭和43)年になって追加されたロータリーエンジン搭載グレードだ。

np170808-01-19.jpg

ファミリアプレスト ロータリークーペのレース仕様車。1970(昭和45)年のスパ・フランコルシャン24時間レース参戦車をレストアしたもの。

→ 次ページ:
マツダブース編その2はローターリースポーツの名車やロータリーエンジン

メルマガ登録はこちら