JAF Mate Neo ニュース・プラス

2017/08/04

映画「未来世紀ブラジル」と
メッサーシュミットの
素敵な関係

00_messer_00.jpg

© picture-alliance/ dpa / Armin Weigel

 「Messerschmitt(メッサーシュミット)」は、イセッタに並ぶ、戦後ヨーロッパで生産された最小機能の超小型自動車、バブルカーの代名詞たるクルマである。

航空機メーカーが作り出したバブルカー

 メッサーシュミットは、もともと航空機メーカーの独メッサーシュミット社が、戦後に戦闘機の製造を禁止され、バブルカーの製造に乗り出して生まれたもので、1952年に3輪車「KR175」、1955年に「KR200」が販売された。

00_messer_02.jpg

バブルカーの代名詞、メッサーシュミット(手前)とイセッタ。© picture alliance / Geisler-Fotopress

 カプセル状のウィンドウを持ち上げて乗降するキャビン、前後に連なる2人乗りのシート、空気抵抗を最小限に抑えるよう設計されたボディは、航空機の製造技術が取り入れられた従来にはない斬新なデザインになっている。

00_messer_03.jpg

© picture alliance

ブラックユーモアの傑作SF映画「未来世紀ブラジル」

 読者のみなさんは、イギリスのナンセンス・コメディグループ「モンティ・パイソン」の一員であるテリー・ギリアムが監督したカルト的SF映画「未来世紀ブラジル」をご存知だろうか。

→ 次ページ:
未来世紀ブラジル vs メッサーシュミット