JAF Mate Neo ニュース・プラス

2017/07/08

キャンピングカーショー17
走る箱庭リビング!?
軽キャンパーが超充実!

np170706-01-01.jpg

今回も出展台数が多かった軽自動車ベースの「軽キャンパー」。画像は、ナッツRVの「スピナ ポップアップルーフ キャルルックバージョン」。スズキ「エブリイ」をベース車とし、外装を「カリフォルニアルック」と呼ばれるデザインにカスタマイズしているのが特徴。画像の1台は出展された軽キャンパー中で最も高額の426万1356円(税込)。

 7月1日・2日の土日にわたって、東京ビッグサイト第7ホールに180台以上のキャンピングカーを集めて開催された、「東京キャンピングカーショー2017」。

その中から軽自動車ベースの「軽キャンパー」や、ミニバンワンボックスベースの「バンコンバージョン(バンコン)」など、キャンピングカーの人気カテゴリー別に最新モデルを複数回にわけて紹介すると共に、今回のトレンドや、キャンピングカーに搭載したいアウトドアグッズなども取り上げていく。第1弾は、一番人気のカテゴリーである軽キャンパーだ。


ベース車両の双璧はスズキ「エブリイ」&ダイハツ「ハイゼット」

 軽キャンパーは、ワゴンタイプもしくはトラックタイプの軽自動車をベースとして改造されている。一番人気はスズキの軽ワゴン「エブリイ」だ。二番人気は、ダイハツの軽トラ「ハイゼット・トラック」、その次にスズキの軽トラ「キャリイ」といった具合だ。今回は展示車両はなかったが、ホンダ「アクティ」をベース車として選択できるキャンピングカーを製造しているビルダーも存在する。

 軽自動車も多数あるが、ベース車両として選択される理由には、居住性の高さに加えて車両本体価格が安価なこともポイントとなる。通常の車両をキャンピングカーとして架装・改造するというのは、それなりの費用がかかる。例えば、今回出展されていた軽キャンパーを例にすると、ベース車両が70~140万円前後なのに対し、完成車は200~350万前後という具合だ。車両本体価格を抑えるというのは、それだけリーズナブルにキャンピングカーを作れるのである(上の画像のスピナは別格)。

np170706-01-02.jpg

スズキ「エブリイ」。車両価格はグレード「PA」の2WD・5MT車は92万3400円(税込)。最上位グレードの「JOINターボ」のフルタイム4WD・4AT車でも142万6680円(税込)。ボディをそのまま活かし、車内をキャンピングカーに架装する場合はエブリイが選ばれることが多い。軽自動車のバンコンといえる。

np170706-01-03.jpg

軽キャンパーのベース車両として2番人気のダイハツ「ハイゼット・トラック」。グレード「スタンダード"エアコン・パワステレス"」の2WD・5MT車は税込み65万3400円。最上位グレードの「ジャンボ」のパートタイム4WD・4AT車でも税込129万6000円。低価格なのが魅力。荷台にキャンピングシェルを載せるタイプを「トラックキャンパー(トラコン)」というが、ハイゼットやキャリイなどがベースの場合は軽自動車版トラコンといえる。

np170706-01-20.jpg

スズキ「キャリイ」。キャンピングカーは量産車ではなく、ビルダーが1台1台ハンドメイドしていることから、絶対にベース車はこのクルマでないとダメ、ということはない。ハイゼット・トラックをベース車としている軽キャンパーは、キャリイもベース車として利用できるようなことも多い。

→ 次ページ:
各ビルダーの軽キャンパー最新モデルを紹介!