ニュース・プラス 60年代カリフォルニアへの
強烈なオマージュ。
西海岸のビートル登場。

2017年07月07日 掲載

00_dune_0.jpg

ザ ビートル デューン。© Volkswagen

60~70年代カリフォルニア・ビーチバギーの精神を

 古き良き西海岸をイメージさせるクルマが登場した。「The Beetle Dune(ザ ビートル デューン)」である。1960~70年代アメリカ西海岸で流行したオフロード用カスタムカー「Dune Buggy(デューン バギー)」のオマージュだ。
 オフロードスポーツが盛んなカリフォルニアでは、ビーチを走れるようにビートルを改造したバギーが一世を風靡した。ビートルのボディシェルは残して車高を高くし、大きく切り取ったフェンダー、切り詰められたエプロン、リアにむき出しで搭載されたチューニングエンジンなど、どんな場所でも走れるワイルドな外観が特徴だった。

00_dune_1.jpg

70年代カリフォルニアの雰囲気を伝える写真。サーファーたちにとってビートルはファッションアイテムとして愛用された。© picture-alliance / Chad Ehlers

 そういったデューン バギーの中で代名詞とも言われるのが1964年、ブルース・メイヤーズが販売した「Meyers Manx(メイヤーズ・マンクス)」である。

動画では、ブルース・メイヤーズ自身がメイヤーズ・マンクスについて語っている。

→ 次ページ:
世界中の若者が憧れた西海岸のライフスタイル