JAF Mate Neo ニュース・プラス

2017/07/05

【AI・人工知能EXPO】
4か国語翻訳も。
AIの進化が止まらない!?

00_ai_0.jpg

4か国語を話す人工知能接客システム「さくらさん」

 さまざまな業界で人手不足が課題となっている。人に代わって業務を行うAI=人工知能が注目されている中、日本初のAIを活用した技術やサービスの展示会「第一回AI・人工知能EXPO」が6月28日~30日、東京ビッグサイトにて開催され、3日間で約8万人の来場者を記録した。

4か国語対応の対話型人工知能

 会場に等身大のディスプレイが設置され、ビジターの目を引いていたのは、ティファナ・ドットコム社の「さくらさん」という対話型人工知能だ。日本語のほか英語、中国語、韓国語の4か国語を話すアニメキャラ・さくらさんは、PC、スマホ、タブレットなどマルチデバイスに対応し、以下のような接客・窓口業務を行うことができる。

ヘルプデスク対応 社内のPCに設置することで、埋もれている資料を探す手間を大幅に短縮したり、申請書の作り方を説明したり、社内手続きのガイダンスを行い、業務担当者の負担を軽減する。さくらさんに蓄積された情報は全社員に共有できるため、「あの人に聞かないと分からない」といった属人化する仕事がなくなる。
コールセンター業務の軽減 商品の使い方やマニュアルの説明、注文手続きの方法など、よくある問い合わせに24時間365日Web上で対応する。
受付対応(コンシェルジュ) 受付や観光案内として人に代わって対応する。スタジアムで行きたい場所への行き方や座席位置までのナビをしたり、ショッピングモールで「おススメのお店は?」と質問をすれば、対話形式で顧客のニーズを引き出し最適なお店へと誘導する。
インバウンド接客 店頭での接客で4か国語に対応する。難しい質問の場合はボタン1つで通訳オペレーターに直接つながる。

 この対話型人工知能は、顧客や社員の知りたい情報を即時に表示することで、様々な仕事の効率化がなされるだけでなく、顧客の声を抽出して、商品開発に使用するなどマーケティングにも活用できるという。

さくらさんがアニメキャラなのは、日本のアニメに対する海外からの関心の高さを意識してだという。アニメのほかにも企業用キャラもあるし、オリジナルキャラの作成も可能だ。

→ 次ページ:
人工知能ロボットはさらに進化