JAF Mate Neo ニュース・プラス

2017/06/17

「インディ500」の
スゴさを
基礎から紹介しよう!

np170614-01-01.jpg

2017年、第101回インディ500のウィナーとして、歴史に名を刻んだ佐藤琢磨選手。バックは、今回のご褒美としてホンダ八郷社長よりプレゼントされた、あのスーパーカー(カラーリングは何になるか未定)!

 去る5月28日(現地時間)に、世界3大レースと呼ばれる米国の「インディアナポリス500(マイルレース)」、通称「インディ500」で佐藤琢磨選手が日本人として初めて優勝したことをご存じの方も多いだろう(インディ500の勝者はインディ500チャンピオンと呼ばれる)。

 日本では米国のモータースポーツはあまり浸透していないことから、ピンとこない人も多いかも知れないが、この優勝は大いなる偉業といっていい。大げさに聞こえるかも知れないが、ほかのスポーツに例えれば、日本人がメジャーリーグでホームラン王になったり、ボクシングでヘビー級の世界王者になったりするようなものなのだ。

 そんな琢磨選手が帰国し、13日にホンダ本社1階のウェルカムプラザ青山にて凱旋報告取材会を実施。日本の報道陣を前に改めてインディ500優勝に対する喜びを語った(記事はこちら)。

 琢磨選手は凱旋報告会で多くのことを語ったのだが、それは改めて別記事でお送りするとして、まずはその前に、そもそもインディ500とはどんなレースなのか? 同レースで勝つことがどれぐらい大変なことで、どれぐらい名誉なことなのか? そうしたインディ500の基礎を解説しよう。

np170614-01-02.jpg

レースの優勝者というと、スパークリング・ワインを飲んだりかけたり浴びたりするイメージ、いわゆる「シャンパン・ファイト」があるが、インディ500の優勝者は「ミルクを飲む」のが伝統。しかしかなりの容量なので一気飲みはきつく、琢磨選手はこの後、頭からかぶっていた。

→ 次ページ:
インディ500とはどんなレースなのか?