JAF Mate Neo ニュース・プラス

2017/06/09

ボロ!?だけど最高にかわいい
旧東独の国民車トラビが、
再び人気上昇中!

170608-1-1.jpg

1958年ドレスデンで、発売を記念して撮影されたトラバント「P50」。© picture alliance / ZB

 みなさんは、トラバントという車をご存知だろうか?

 「Trabant(トラバント)」は、1957年から1991年まで旧ドイツ民主共和国(旧東ドイツ)で製造された小型乗用車である。旧東ドイツという社会主義国家が消滅した1990年の翌年にトラバントは製造を終えるのであるが、その総生産台数は約300万台。ドイツ人から「Trabi(トラビ)」という愛称で呼ばれている、"旧東ドイツの国民車"である。

170608-1-0.jpg

1958年にベルリンのブランデンブルク門でモデルつきで紹介されているトラバントP50。© picture alliance / ZB

 今年、製造60周年を迎えたドイツ自動車史の中でも特異な位置を占める、トラバントについて紹介したい。

トラビの誕生秘話

 トラバントは、旧東ドイツの国民にトランク付きの4人乗り小型乗用車を供給するために開発された。
 生産工場は、ザクセン州ツヴィッカウにある東ドイツ国営企業の「VEBザクセンリンク」。1954年に旧東ドイツ政府がトラビの生産を決定した目的には、①丈夫で経済的で手軽な価格の車という実用性を重視する社会主義理念が反映されていたばかりでなく、②大量生産による経済の発展、③国民の需要に応えることによって、旧東独民が西側に大量亡命するのを阻止する意図があったという。

170608-2.jpg

1970年、VEBザクセンリンクの工場での生産風景。社会主義国家の旧東ドイツでは、男女平等で女性が工場労働に携わるのは普通のことだった。© picture alliance / ZB

 実際に、旧西ドイツがフォルクスワーゲン社のビートルにより経済が復興したように、旧東ドイツは60年代まではトラビの生産などによって経済成長をなした。しかし鉄や石炭などの資源が乏しかったことや、社会主義経済政策の失敗などの理由から旧東ドイツの経済は停滞し、70年代以降VEBザクセンリンク生産工場は、需要に見合った生産能力を備えていない状況だった。

 それによって、様々な"トラビ伝説"が生まれるのである。

170608-3.jpg

駐車場を埋め尽くす大量生産されたトラビ。1990年の撮影。© picture-alliance / dpa

→ 次ページ:
数々の伝説が...

メルマガ登録はこちら