JAF Mate Neo ニュース・プラス

2017/06/09

間もなく登場する新燃費モード
「WLTC」って何?
JC08とはどこが違うの?

np170608-01-01.png

今年の夏ぐらいから登場する新車に、新たな燃費試験方法「WLTCモード」が採用されるという。これまでの「JC08モード」からどう変わるのか?

 クルマのオーナーはもちろん、一度でも購入を考えてカタログを見たことがある人なら、「10・15(じゅうじゅうご)モード」や「JC08(ジェイシーゼロハチ)モード」という単語をご存じだろう。1L当たりどれだけの距離を走れるかで燃料消費率(燃費)を示すために、日本が独自で策定した燃費試験の際の走り方(モード)のことだ。どのクルマも同一条件の下に走らせて燃費を測定し、それをスペックのひとつとして公表しているわけだ。

 10・15モードは、それまでの10モードにかわり、1991年に日本で導入された測定試験方法である。しかし、その10・15モードも現実の走行実態と大きな差異があるとされ、2011年4月にはJC08モードが導入された。JC08モードは10・15モードとの併用期間を経て、13年3月以降は単独で用いられている。

 JC08モードは導入されて6年。まだ比較的新しい感もあるが、この夏に早くも新たな測定方法「WLTCモード」が登場するという。WLTCモードとはどのような測定方法なのだろうか?

WLTCモードの特徴は?

 WLTCとは「Worldwide harmonized Light duty Test Cycle」の略称で、日本語では「世界統一試験サイクル」と呼ばれる。その誕生の経緯は後のページに譲るとして、まずはWLTCモードの特徴を紹介する。

 日本におけるWLTCモードの対象となるクルマは、車両総重量が3.5t以上で乗車定員が10人以上のものを除いた乗用車と、車両総重量3.5t以下の貨物車で、ガソリン車・ディーゼル車・LPG車に導入される。

 WLTCモード最大の特徴は燃費値が4種類表示されること。「市街地」、「郊外」、「高速道路」の3種類の走行モードの燃費値と、それらを平均的な使用時間配分で構成した「WLTCモード」で表される。要は、ユーザーの走行状況により近い燃費値を知ることができるというわけだ。

 それぞれの走行モードの特徴は、まず「市街地」が、信号待ちや渋滞などの影響を受ける都市部での比較的低速な走行を想定したもので、最も低い値となる。「郊外」は、信号や渋滞などの影響をあまり受けない比較的スムーズな走行を想定した値だ。そして最後の「高速道路」は、高速道路などの自動車専用道路での高速走行を想定した最も燃費のいい値となる。

np170608-01-02.png

JC08モードとWLTCモードの表示イメージの比較。経済産業省、国土交通省、日本自動車工業会が共同で作成したPDF資料より抜粋。

→ 次ページ:
WLTCモードはJC08モードよりも厳しい!?

メルマガ登録はこちら