ニュース・プラス 盗難時には捜索チームが出動!
自転車王国オランダ発、
東京のための電アシがでた!!

2017年06月02日 掲載

np170829-01.jpg

東京という街をコンセプトに生み出されたバンムーフの新作Electrified X。©VanMoof

 ヨーロッパで、オランダが「自転車の国」だというのはよく知られている。通勤や通学などオランダ人にとって自転車は日常生活に不可欠な交通手段である。
 国土交通省の2015年のデータによると、日本の自転車の保有台数がひとり当たり0.67台(世界6位)であるのに対して、オランダは1.11台。2位のドイツ0.83台を大きく引き離し、世界1位となっている。

 そんなオランダの自転車メーカー「VanMoof(バンムーフ)」が、5月18日、日本市場向けに設計した新作、次世代スマートバイク「Electrified X」を発表した。オランダ王室が認める国民的自転車ブランドで、日本のオランダ大使館も公用自転車として使っているバンムーフが、東京にインスピレーションを受けて開発したというユニークなコンセプトの電動アシスト自転車を紹介したい。

 アムステルダムに拠点を置くバンムーフは、自転車をこよなく愛するタコ&ティーズ・カーリエ兄弟が2009年に創立した自転車製造会社。2人は自分たちの気に入る完全なシティバイクがないという理由で、8年の準備期間を経て、世界1のシティバイクを作ることを目標に自転車の生産に乗り出した。

170531-2-2.jpg

バンムーフの創立者タコ&ティーズ・カーリエの目標は、「自転車で世界を変えること」。A地点からB地点への移動が無理なくできるシティバイクの開発に人生をかけている。©VanMoof

→ 次ページ:
バンムーフ日本初上陸!