JAF Mate Neo ニュース・プラス

2017/05/30

【人とくるまのテクノロジー展:その3】
布製ボディの電気自動車は、
高齢化社会を救えるか!

ルイ・ヴィトン・カー?

 高齢者の運転や介護といった社会的ニーズを、「カワイイ」デザインに昇華させたリモノは、「これだったら欲しい!」「使う人がワクワクする」日本製品を世界に発信したいという新しい世代のクリエーターたちの夢の結晶である。

170529-2-6.jpg

株式会社rimOnOのメンバー、CEO伊藤慎介氏(右)、CTO奥村康之氏(中央)、デザイナー根津孝太氏(左)。

 ボディの布は、着せ替えが可能なので、カバンを変える感覚でボディを変えるのも可能。将来的にはファッション・ブランドとのコラボも考えていて、例えば、ルイ・ヴィトンとコラボして、ヴィトン柄の車をオーダーというのも実現するかもしれない。

 現在プロトタイプ1の製作後、開発に必要な資金調達に苦戦しており、クラウドファンディングという資金調達システムを通して、賛同者からのサポートを募集中である(外部リンク参照)。


 クリアしなければならない課題は多そうだが、具体的なニーズの声もあるだけに、近い将来の製品化を応援したい車である。

2017年5月30日(JAFメディアワークス IT Media部 荒井 剛)

関連記事

外部リンク