JAF Mate Neo ニュース・プラス

2017/05/30

【人とくるまのテクノロジー展:その3】
布製ボディの電気自動車は、
高齢化社会を救えるか!

 5月24日~26日開催の「自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展 2017 横浜」(パシフィコ横浜)。26回目となる今回は、過去最大規模の562社が出展。3日間で約9万人の来場者を記録し、自動車メーカーのブースは身動きできないほど人が溢れるなど、会場は活気に満ちていた。

 そんな、モーターショーとはまた一味違った自動車イベントから、メーカーやパーツサプライヤー、そのほかさまざまな自動車に関するテクノロジーをシリーズで紹介したい。今回は、超小型モビリティ「rimOnO」(リモノ)」である。

布製ボディの電気自動車

 ひときわ目を引くポップなデザインと意外性のあるボディ素材で、幅広い年代のビジターから注目されていたのが、布製ボディのEV「リモノ」のブースだ。

170529-2-1.jpg

リモノのプロトタイプ1。©WISE WISE (photo by Hayato Furusho)

 高齢者の運転による交通事故は、社会問題になっている。一方で地方に住む人にとって車は依然として大事な移動手段である。

 リモノは、(株)rimOnO(リモノ)が開発しているクルマで、①自動車の運転に不安を感じる高齢者、②家族が高齢者を病院に連れていく時など介添え人、③都会暮らしのスモールカーが好きな人、④運転に自信がない初心者ドライバーをターゲットにしているという。

→ 次ページ:
人にどれだけ近づけるか

メルマガ登録はこちら