JAF Mate Neo ニュース・プラス

2017/05/22

【動画あり】
軽のエンジンで時速420km達成!
その秘密!?に迫ってみた!!

sn170517-01-01.jpg

軽自動車スポーツカーのホンダ「S660」に搭載されているターボ搭載658ccエンジン「S07A」の改良型で最高速を達成したホンダ「S Dream Streamliner」。

 米ユタ州ソルトフラッツにある「ボンネビル・スピードウェイ」で毎年開催されている、2輪および4輪による世界最高速チャレンジ「Mike Cook's Bonneville Shootout(マイク・クック・ボンネビル・シュートアウト)」。2016年大会は9月15~20日に行われ、ホンダから本田技術研究所 四輪R&Dセンターの若手有志で結成されたチームが参戦した。

 その際に開発されたのが「S Dream Streamliner」で、世界記録の時速421.595kmを達成。大会や記録の詳細、そして公表されている同車の情報などに関してはこちらで紹介した通りだ。

sn170517-01-02.jpg

大会参加中の様子。干上がった塩湖の跡にできた堆積した塩の平原など、日本ではお目にはかかれない光景である。

 しかし、S Dream Streamlinerの前から見ると新幹線、後ろから見ると航空機というようなデザインはどこから導き出されたのか? なぜ軽自動車のエンジンで挑んだのか、またなぜ時速420kmも出せるのか、疑問は尽きない。そこで、開発チームに話を聞いてみた。

sn170517-01-03.jpg

S Dream Streamlinerに搭載された、S07Aエンジンの改良強化型。ノーマルの約4倍の186.8kW/7700rpmにまでチューンしたという。

→ 次ページ:
S Dream Streamlinerの秘密に迫る!

メルマガ登録はこちら