JAF Mate Neo ニュース・プラス

2017/05/12

あれから(劇中で)30年…
ポリススピナーも最新モデルに!!
SF映画「ブレードランナー2049」

np170511-01-01.jpg

前作「ブレードランナー」の舞台は2019年。現実世界が追いついてしまったので、劇中でも30年後とされた。画像は、今回の「ブレードランナー2049」で主人公らが足として使う、2049年式ポリススピナーのリアビュー。よく見ると、ネームプレートは「ロサンゼルス」と前作から引き続き、日本語が大活躍!? ナンバープレートに使えるということは、この世界の米国では日本語が公用語として認められているのか? また後輪は1輪のようである。

 1982年に公開されたリドリー・スコット監督、ハリソン・フォード主演のSF映画「ブレードランナー」。今もって熱狂的なファンが多く、「2001年宇宙の旅」などと並んで称されるSFの名作だ。

 世界中のファンから長らく続編が望まれていたが、35年の時を経て遂に実現。リドリー・スコットは製作総指揮に回り、現在、評価が非常に高まっているドゥニ・ヴィルヌーヴが監督に抜擢され、主演はライアン・ゴズリング。そして共演として、ハリソン・フォードが前作の主人公リック・デッカードの役を再び演じる「ブレードランナー2049(ニー・ゼロ・ヨン・キュウ)」(以下、2049)。日本では10月27日(金)に劇場公開となる。

SF映画だけでなくそのほかにも多大な影響を与えた作品

 ブレードランナーはさまざまな魅力を有する作品だ。それまで明るくて清潔に描かれることの多かった未来の世界を、暗鬱で薄汚れたリアルなデストピア系のイメージで描いた初めてのSF映画とされている。

 日本語を初め、英語以外の言語を多民族的な活況さや猥雑さを表現するのにうまく使った作品でもある。もはやネタとして独り歩きしてしまっている、デッカードが立ち寄った屋台のオヤジによる名台詞(?)「2つで十分ですよ!」や、高層ビルの壁面に投影される巨大CM「強力ワカモト」などは、SF映画ファン以外にも知られているほどだ。

 公開から数年後に勃興することになるSF界の一大ムーブメント「サイバーパンク」の元祖として、大友克洋のコミック「AKIRA」と並んで称えられているし、SF界以外のカルチャーにもさまざまな影響を与えたとされる作品なのである。

 そして、クルマ好き、メカ好きにもアピールした作品でもあった。それが、飛行可能な警察車両「ポリススピナー」である。

np170511-01-03.jpg

新旧ブレードランナーのふたりと、ポリススピナー2049年式。

→ 次ページ:
劇中で活躍するポリススピナーの2049年式に迫る!

メルマガ登録はこちら