JAF Mate Neo ニュース・プラス

2017/05/09

あのバブルカー「イセッタ」が
EVとなり再び大注目!
2018年より販売予定。

 ヨーロッパでは、バブルカーとして熱烈な人気を誇る、かつてBMWが製造した「イセッタ」(1955~1962)。そのデザインを受け継いだEV(電気自動車)がヨーロッパのモーターショーで出展され話題になっている。

np170608-01.png

タマゴのような愛らしいデザイン「Microlino(マイクロリーノ)」は、イセッタのレトロデザインとEVの未来感の両方を兼ね備える。

 マイクロリーノの原型となるイセッタは、元々はイタリアのイソ社が発売した「イソ・イセッタ」を、ドイツのBMW社がライセンスを取得し、市場に広め有名になった。2人乗りの小さいサイズに、丸みを帯びたユニークなデザインのイセッタは、ドイツでは毎年イセッタ・ファンが集うイベントが開かれるほど愛され続ける存在である。

170508-2.jpg

イセッタは1955~1962年までしか製造されなかったが、約160,000台を販売する人気車となった。

 冷蔵庫のように取っ手を回すとドアが開き、ハンドルはフロントに固定されているという斬新なデザイン、ベンチシートであること、背中にトランクを積めるリアキャリアがついていることなど、まるでおもちゃのような楽しい仕掛けもファンのハートを捉えて離さない。

microlino-2.jpg

映画の中では、ケーリー・グラントの乗用車としてイセッタが使われている(1959年)。ポップなデザインが当時の最新流行であったことが伺える。©BMW AG

→ 次ページ:
国民に愛されたイセッタ

メルマガ登録はこちら